16歳ケイトリン・シマーズとカラム・ロブソンが優勝!CS初戦ゴールドコーストプロ

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

16歳ケイトリン・シマーズとカラム・ロブソンが優勝!CS初戦ゴールドコーストプロPhoto by Matt Dunbar/WSL

オーストラリア クイーンズランド州 クーランガッタ のスナッパーロックスで開催された WSL 2022チャレンジ・シリーズ(CS)初戦『ブースト・モバイル・ゴールド・コースト・プロ presented by Rip Curl』。ケイトリン・シマーズ(USA)カラム・ロブソン(AUS)が優勝を果たした。

スナッパーロックスに4日間連続続いたパーフェクトウェイブの後、東海岸に巨大な低気圧がゴールドコースト沖に近づき、ファイナルデーの波は3~5フィートサイズで、強いオンショア風が吹きワイルドで荒いコンディションに。しかしこの厳しいコンディションにも関わらずハイスコアが続出する最終日となった。

2022年チャレンジャーシリーズについて

チャレンジャーシリーズ(CS)は、最高峰のサーフィンイベント、チャンピオンシップツアー(CT)への出場権を獲得するための予選リーグ。2022年CSシーズン終了後、CSランキング男子トップ10と女子トップ5(CS8大会のうち、上位5大会のポイント合計で決定)が2023年CTへの出場権を獲得できる。

16歳のケイトリン・シマーズがCS開幕戦で優勝

ケイトリン・シマーズが学業を理由に2022年CT出場辞退した為、今回のファイナルで戦ったモリー・ピックラム(AUS)が繰り上げでクオリファイした。その事を考えるとCS初戦でこの実力者2人がファイナルでマッチアップしたことは必然的な事であったのかもしれない。

ケイトリン・シマーズ「今年最初のCSで勝てて本当に嬉しいわ。風雨が激しく本当にタフなコンディションで、ヒートの半分は自分がどこにいるのかさえ分からなかった。モリーは大好きなサーファーで、彼女とファイナルで戦うのはとても楽しかった。今シーズンの目標はCSでチャンピオンになることです。」

シマーズとピックラムのファイナルは、嵐のようなコンディションの中で開催。ピクラムはヒート中、6.50ptと4.77ptを記録。シマーズは、オープニングライドで力強いライディングを見せたものの、勝利するにはバックアップスコアが必要だった。ヒート終了間際、シマーズは最後のチャンスとしてプライオリティを活用。ニード5.45ptだったが、シマーズは6.03ptを叩き出し、ピクラムから大逆転で優勝を奪った。

16歳ケイトリン・シマーズとカラム・ロブソンが優勝!CS初戦ゴールドコーストプロ

オーストラリア人のカラム・ロブソンとシェルドン・シムカスが1、2位を獲得

男子ファイナルは、カラム・ロブソンとシェルドン・シムカスによるオーストラリア対決となった。エバンス・ヘッドを代表するロブソンは、2022年CTのルーキー。今回のCSでも最近の絶好調ぶりを継続させ、ゴールドコースト出身のシムカスに勝利を収めた。この勝利は、先月のCT『Rip Curl Pro Bells Beach』2位という躍進に続くもので、ロブソンにとってCS初優勝となった。

カラム・ロブソン「自分にとって大きな一日となり、優勝できた事が信じられない。この1年は想像以上に良い年だったよ。このツアーでサーフィンするために、地元エバンス・ヘッドのコミュニティーから多大なサポートを受けてきたから、その恩返しができてとてもストークしているよ。」

地元のヒーローであるシムカスは、イベント期間中、ビッグスコアを記録し、イベントのベストウェーブを選び、世界中のどこでもローカルナレッジが重要であることを示した。優勝は逃したものの、ファイナルデーにクーランガッタの旗を掲げ、友人や家族で埋め尽くされた地元の観衆の前で誇らしげに語った。

シムカス「この数日間は自分にとって大きな出来事で、自分のホームブレイクで素晴らしいサーフィンをすることができた。このイベントでサーフィンすることは以前からの目標であり、今年は出場権を獲得できた上にファイナルに進出し、地元の観客の前でカラムとサーフィン出来て嬉しかったよ。チャレンジャー・シリーズで良いスタートが切れ、このシリーズを続けていく自信がつきましたよ。」

16歳ケイトリン・シマーズとカラム・ロブソンが優勝!CS初戦ゴールドコーストプロ

 

日本人選手の主な結果

今回、男子は稲葉玲王、大原洋人、上山キアヌ 久里朱、脇田泰地の4名。女子は都筑有夢路、野中美波、前田マヒナ、松永莉奈、脇田紗良の5名が出場。男子はRound of 48(Round2)に進出した大原洋人、稲葉玲王が37位。女子はRound of 32(Round2)に進出した都筑有夢路が25位と最高位となった。

次のCS第2戦は、5月17日から5月24日までシドニー近郊のマンリービーチで開催される『GWMシドニー・サーフ・プロ pres.by Rip Curl』となります!

ファイナルデイハイライト映像

WSL CT 公式HP


"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet