五十嵐カノアが悔しい大逆転負け。CT第5戦『Margaret River Pro』4日目

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

五十嵐カノア五十嵐カノア Photo by Aaron Hughes/WSL

ミッドシーズンカットの行方

西オーストラリア州マーガレットリバー で開催されている、WSL CT第5戦『Margaret River Pro(マーガレット・リバー・プロ)』大会4日目は、メンズのRound of 32 のみが開催。スウェルがヒットし、10~12フィートのビッグウェイブでスーパーハードなヒートで開催された。

マーガレッド・リバープロはミッドシーズン・カット前の最終戦となり、本日の結果をもって残り1枠をオーウェン・ライト(Owen Wright.)シュー・マギリヴレー(Matthew McGillivray)の2人で争うこととなった。オーウェンは敗退したため、今日五十嵐カノアに勝利したマシューの明日最終日の結果により全てが決定。明日のファイナルデーは、さらに安定した波とオフショアの風となりエキサイティングなステージとなる予報だ。

五十嵐カノアが悔しい大逆転負け

現在世界ランク2位の五十嵐カノアはベスト32となるRound2で、南アフリカのJベイ(ジェフリーズベイ)をホームとする、リプレイスメント枠で出場している世界ランク32位 マシュー・マギリヴレーと対戦。カノアは開始早々パワーとフローのあるカーヴィングコンビネーションで6.17ptを出し、中盤にもクリティカルセクションを攻めるレイバックスナップとカーヴィングの2発で7.00ptをスコアし優位に進め、残り15分で程でニード8.90と大きくリード。

しかし残り7分弱からマシュー・マギリヴレーが、カーヴィング2発とクローズドのヘビーセクションをロールインでまとめ7.60pt。ニード5.57ptまで差を縮め緊迫した展開に。

残り3:40でセットが入り、優先権を持ち近くでマークしていたにも関わらずカノアはショルダーが無いと判断したのかブロックせずにスルーしてしまう。その波に乗ったマシューはエアドロップテイクオフから体制を立て直し、ビッグに惚れ上がってきたヘビークローズドセクションにかなりハードなロールインを決めガッツポーズ。これが1発で6.83ptとなり大逆転。勝てる試合を取りこぼしたカノアは前回のベルズと同様ベスト32で敗退と、悔しい結果となった。マシューのランキングは32から25にアップし、ミッドシーズンカットに向けて明日が重要な1日となる。

 

イーサン・ユーイングがハイエストスコアをマーク

イーサン・ユーイングはこのパワフルなビッグウェイブの中でも素晴らしいレールワークを披露しイベントのシングル・ハイエストスコア9.00ptとトータル・ハイエストスコア17.93ptをマーク。レオナルド・フィオラバンティ(ITA)を圧倒した。またイーサン・ユーイングと共にジョディ・スミスがシングル・ハイエストスコア9.00ptマークした。

イーサン・ユーイング「本当に気持ち良かったよ。とても難しい波だったから、クリーンでスムースな2本をゲット出来てラッキーだった。シェイパーがハワイ用に素晴らしいボードを作ってくれたんです。ハワイと波が似ているのでここでも使っているんだけど、これがまた素晴らしいんだ。このイベントに向けて、カットラインにいる選手たちには本当に申し訳ないと思う。この大会に出場するカットラインにいる選手たちは、凄いプレッシャーがかかっていて、彼らが脱落するのを見るのはとても辛いよ。明日はウェイティング期間で一番良い波だとみんな言っているので、ファイナルデーが待ち遠しいですよ。」

ミッドシーズンカットの進捗

本日見事メイド・ザ・カットが確定した男子CT 8名選手。

メンズCT:メイド・ザ・カット
コロヘ・アンディーノ(USA)
サミュエル・プポ(BRA)
ジョーディ・スミス(ZAF)
ナット・ヤング(USA)
コナー・オリアリー(AUS)
ジェイク・マーシャル(USA)
ジャクソン・ベイカー(AUS)
ジャドソン・アンドレ(BRA)

本日の結果、以下のサーファーがカットを下回ることが判明し、今後は2022年残りのチャレンジャー・シリーズにフォーカスを移していくことなる。

メンズCT:ミス・ザ・カット
モーガン・シビリック(AUS)
イマイカラニ・デヴォルト(HAW)
コナー・コフィン(USA)
ジョアン・チアンカ(BRA)
エゼキエル・ラウ(HAW)
レオナルド・フィオラバンティ(ITA)
フレデリコ・モライス(PRT)
ライアン・カリナン(AUS)
ルッカ・メシナス(PER)
デイヴィッド・シルバ(BRA)

マシュー・マクギリブレーが次のヒートに勝てば、カット入り。もし負ければ、ライトはメイド・ザ・カットする。

男子CT:オン・ザ・バブル
オーウェン・ライト(AUS)
マシュー・マクギリブレー(ZAF)

Highlights Day 4

その他、イベント詳細は以下よりどうぞ。
WCT メンズ



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet