ガブリエル・メディナがGランドからCT復帰!シーズンワイルドカードを獲得

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

CT一時出場辞退中の3×世界チャンピオン ガブリエル・メディナ(Gabriel Medina)(BRA) 28歳は、ミッドシーズンカット後の全てのチャンピオンシップツアー(CT)イベントに参加できる、2022 WSL CT メンズ・シーズンワイルドカードを獲得した。4/24〜のマーガレッド・リバー・プロの次に、5/28より開催される『 Quiksilver Pro G-Land(インドネシア・Gランド)』からシーズンワイルドカードとして参戦する。

WSLシーズンワイルドカードは、翌シーズンのCT出場権も与えるため、メディーナは2023年のCTシーズンのスタート地点にも立つことができる。WSLシーズン・ワイルドカードは、アスリートからの申請を受けてWSLツアー・アンド・コンペティション・チームが選出。ワイルドカードの選考プロセスでは、世界タイトル、CT、CSのランキング、イベント結果などの競技成績が考慮され、更に該当する場合はメディカルチェックも行われる。

メディーナは、昨年3度目のワールドタイトルを獲得したWSLチャンピオンであり、2014年に初タイトルを獲得して以来、毎年ワールドランキングでトップ3入り。メディーナは心身の健康と幸福に集中するために、2022年シーズンの開幕イベントから辞退しているが、妻と自身の親との不仲、妻の嫉妬深さが原因だという別居報道がニュースとなっていた。

ガブリエル・メディナ3回目、カリッサ・ムーア5回目の世界タイトル獲得!Rip Curl WSL Finals 2021

Photo by Pat Nolan/WSL

ミッドシーズンカット後の試合は2022 WSL Final 5 出場権への対象ポイントとなる。WSLツアー&コンペティション・ディレクターのレナト・ヒッケルは、「2023年シーズンの男子WSLシーズンワイルドカードをあと1枚、女子2022年WSLシーズンワイルドカード、女子2023年シーズンワイルドカード、そして各大会の男女のワイルドカードがまだ決定していません。現在もこれらの申請を審査しており、5月9日までにシーズンワイルドカードの決定がなされる予定です。」とコメントした。

3x World Champion Gabriel Medina Returns To G-Land | Rip Curl



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet