カイ・レニー & ルーカス・チアンカがチーム優勝!ポルトガル・ナザレで開催されたBWTビッグウェイブツアー

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

Kai Lenny
Kai Lenny Photo by Laurent Masurel/WSL

ビッグウェイバーの聖地 ポルトガルのナザレで遂に開催されたトーインサーフィンで行う2021/2022シーズンBWT(ビッグウェイブワールドツアー)のチーム戦、WSL『TUDOR Nazaré Tow Surfing Challenge presented by Jogos Santa Casa』が、40~50ft オフショアでのベストコンディションで開催された。出場者は 9チーム × 各2人 の合計18名。チーム2人でサーフィンとジェットスキーを交互に行いスコアを競った。

チームではカイ・レニー(Kai Lenny)(HAW)とルーカス・チアンカ(Lucas Chianca)(BRA)のコンビがベストチームパフォーマンス賞を受賞し優勝。またルーカス・チアンカはチョップホップ360の後にバレルに入るネクストレベルのパフォーマンスで個人スコアトップでベストパフォーマンス賞も受賞。

ルーカス・チアンカLucas Chianca
Lucas Chianca Photo by Laurent Masurel/ WSL

ジョゴス・サンタ・カサ・モスト・コミティッド賞は、最も大きなリスクを取って深いチューブに入ったペドロ・スクービー(Pedro Scooby )(BRA)が受賞。またジャスティーン・デュポン(Justine Dupont)(FRA)が2年連続でウィメンズ・パフォーマンス賞を受賞した。

ポルトガル・ナザレ サーフィン
The winners celebrated in Nazaré. Credit: © WSL / Masurel

ベストパフォーマンス賞も受賞したルーカス・チアンカ

次回はマウイ島ジョーズで開催される『Quiksilver Jaws Big Wave Challenge』。ウェイティングピリオドは2022年3月31日まで。以下、今回のハイライト映像となります。

詳細は以下HPよりどうぞ
BWT 公式HP


"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet