サーフィンのカルチャーとしての魅力とは?『ワールドサーフジャーニー』本編映像と主演DefTechマイクロのインタビュー映像

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィンの歴史を紐解く映画『ワールドサーフジャーニー』本編映像と主演DefTechマイクロのインタビュー映像

サーフィンの歴史を紐解くドキュメンタリー『WORLD SURF JOURNEY』の本編映像

『WAKITA PEAK』の清野正孝監督によるサーフィンの歴史を紐解くドキュメンタリー作品「 WORLD SURF JOURNEY(ワールド・サーフ・ジャーニー)」の本編映像が公開!第一弾の舞台はサーフィン発祥の地とされるハワイ。サーフィンを通じてハワイの人々が受け継いでいるモノとは?そして次の世代への贈りものとして大切にしているモノとは?を紐解く映画。トロントビーチ映画祭特別賞受賞作品。またDef Techのマイクロが本映画に主演した事をキッカケに気付いた『自分にとってサーフィンとは?』について語ります。

「ハワイサーフィン真実の物語。」清野正孝監督の最新サーフィン映画『ワールド サーフ ジャーニー・ルーツ オブ ハワイ』

サーフィンとは

マイクロ「遊びでも区切れない、スポーツの枠だけにもとどまらない、生活にもかかっていたりして、多面的で実践の多様性というか、そこから環境問題に取り組む人もいて。今度は海を綺麗にする為には、山を綺麗にって気付いた人がいたりする。こういった今より良くして行こうって考えるのは哲学だからね。もっとサーフィンカルチャーを広げていこう、オリンピックとしてスポーツとしても認知されて、海との共存の哲学みたいな感じかな。」

主演のDef Techのマイクロのインタビュー詳細と本編映像は以下よりどうぞ!

本編映像

あらすじ

作品内で、錚々たる出演者たちがハワイサーフィンを語る。オアフ島・ノースショアで生まれ育ち、ビッグウェーブサーファーとして世界の大波を乗りこなすプロサーファー コア・ロスマンが語るノースショア。観光地化したオアフ島でも「神聖な場所」とされ“ありのままのハワイ”を維持しているマカハビーチを訪れると、Mayor of Makaha (マカハビーチの市長)とも呼ばれるレジェンド、バッファロー・ケアウラナがマカハの歴史について、そして海との共存について語る。バッファローの孫、ハア・ケアウラナはそんな彼のスピリットをしっかりと継承していて、ハワイとサーフィンをこよなく愛し、ありのままのハワイを継承していくためにサスティナビリティと環境保護に積極的に取り組んでいる。彼女が見せてくれるのは、「守らなければいけないハワイ」。そして、一時は衰退の危機に直面したハワイサーフィンを、世界へ伝えた”現代サーフィンの父” デューク・カハナモクの生涯にも迫る。彼の100年越しの夢が、今、東京で実現しようとしているのだ。

キャスト/制作

監督: 清野正孝
プロデューサー: 岡潤吾
製作・著作: STORIES合同会社
出演: Micro from Def Tech, Koa Rothman, Buffalo Keaulana, Ha’a Keaulana
ナレーション: すみれ



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet