ケフ・バトラーがNZ先住民マオリ族の独自カルチャーに触れるサーフクリップ “Made In Aotearoa”

ライター: shinji_dog

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ニュージーランド先住民族マオリサーファー ケフ・バトラーによる最新クリップ 『Kehu Butler : Made In Aotearoa』

ニュージーランドは北島と南島の2つに分かれている国で、15,000km(世界9位の海岸線の長さ)にも及ぶ長い海岸線には、大自然の中でワールドクラスの波がブレイクする。そんな自然や海との繋がりが強いカルチャーを持つ国で生まれ育った、北島マウント・マウンガヌイ出身のケフ・バトラー(Kehu Butler)の最新クリップがレッドブルからドロップされました。

今回のムービー”Made in Aotearoa (アオテアロアとはマオリ語でニュージーランド)” では、ニュージーランド先住民のマオリ民族であるケフ・バトラーがトラベルガイドとなり、ニュージーランド北島の波を追いかける。またその中でNZレジェンドサーファーや期待の若手アップカマー達と一緒にサーフィンをしたり、彼らの生い立ちや出会い、ケフ自身の家族やマオリ文化、ジェネレーションについて語る映像となっている。

映像でケフは以下のように語る。

「マオリ族は自分自身のストーリーを表現した、独自のタトゥーを入れるカルチャーがある。自分は尊敬する家族や親戚のストーリーを身体に刻んでいるんだ。」

ケフの父親やお爺さんはサーフィンが上手く、子供の頃からサーフィンをして育ったケフは、ニュージーランドのトップサーファーに上り詰めた。今はオーストラリアをベースにトレーニングを積んでいて、近い将来WSLワールドサーフィンリーグに参戦する為、コロナ次第ではあるが、世界中で行われるWQSクオリファイシリーズを回る予定となっている。

以前にニュージーランド人で初めてWSLに2001年にクオリファイしたMaz Quinn(マズ・クイン)が、ニュージーランドで主催したキング・オブザ・グロム2009でケフが優勝。マズ・クインがクイックシルバーのスポンサーにならないかとケフに尋ねると、その頃のスポンサーという意味がわからなく、「スポンサーという意味がわからないからお父さんに聞いてみる。」とマズに伝えたそう。笑

映像ではWQSを一緒に回っている、ウエストコーストのピハというパワフルなビーチブレイクを拠点とするローカルサーファー、エリオット・パエラタもこの映像にも出演。

またケフが尊敬するお爺さんは昔、「オーストラリアのキラビーチで6−8ftの波でワイプアウトした時に、目にサーフボードが突き刺さり片目を失明した」と、笑いながら語る。とても偉大でパワフルなお爺さんだ。

ニュージーランド先住民族マオリサーファー ケフ・バトラーによる最新クリップ 『Kehu Butler : Made In Aotearoa』

ニュージーランドは小さな国で人口も少ないが、素晴らしい自然とサーファー達で溢れている国なのです。詳細は以下。動画貼り付け不可の為、以下レッドブルサイトよりご覧下さい。




"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

shinji

shinji_dog

オーストラリア、インドネシア、フィジーを旅をし、ニュージーランド北島にあるマウントマウンガヌイに移住する。永住権を取得しサーフィンライフを通してここマウントマウンガヌイをベースにニュージーランドの魅力を伝えていけたらと思います。 ニュージーランドでの日常をこちらインスタグラムにアップしていますので 是非フォロー宜しくお願い致します!!→@shinji_dog