サーフボードの下を漕ぐとパドリングは早くなるのか?比較解説動画

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフボードの下を漕ぐとパドリングは早くなるのか?比較解説動画

サーフィンで最も重要なスキルの1つであるパドリング。手のどこから水に入れて、どこを漕いで進むのか?パドリング方法については様々な手法がYotubeなどでアップされているが実際は何が正しいのか?こちらは元JPSA公認プロサーファー澤井革氏による解説動画で、本人、一般サーファー、WCTサーファーとのパドリング比較映像を取り上げわかり易く解説(関連記事:アンディ・アイアンズのスタイルに影響されたイーサン・ユーイング 2人の比較検証映像)。

澤井革:「初めてレッスンする方の8割くらいがサーフボードの下を漕ぐという教えを実践してますが違うと思うので徹底解析してみました。やっぱり違うと思います。」

実際は腕を水に入れる時は親指からでも小指からでも無く、普通に中指からまっすぐ入れ、板をブラさずまっすぐ板の下でなく平行に漕いでパドルするのが良いと解説。その理由や詳細は以下よりどうぞ!



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet