創立40周年を迎えるJPSAツアー2021冠スポンサーに『さわかみグループ』と契約

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

40周年を迎えるJPSAツアー2021の冠スポンサーとして『さわかみグループ』と契約
一般社団法人日本プロサーフィン連盟(JPSA)理事長:細川哲夫氏(左)、さわかみグループ 代表:澤上龍氏(右)

「コロナ禍の厳しい環境で行動制限がかかっている中でも、この海に囲まれた日本の中、海のスポーツで世の中を盛り上げていかなくてはいけない」

JPSA創立40周年となる今年、国内最大級のサーフィンツアーを主催する一般社団法人日本プロサーフィン連盟(JPSAは、さわかみグループ2021年度JPSAツアー冠スポンサーとして新たに契約。2/17日(水)にパシフィコ横浜で開催されたボードカルチャー&アウトドア展示会INTERSTYLE(インタースタイル)にて記者会見が行われた。

40周年を迎えるJPSAツアー2021の冠スポンサーとして『さわかみグループ』と契約

さわかみグループは、東日本大震災後の 2013年より復興大会としてJPSAツアー戦をサポート、また昨年はコロナウィルス感染症拡大に対する、安全安心対策を施した特別戦への協力と、長きに渡り JPSA との信頼関係を築いて来ている。

JPSA年間スケジュールは3月中旬頃に発表予定で、最中調整中となっている。また「ショートボードとロングボード合わせ年間で10戦前後を予定しており、今年はグランドチャンピオンを選出することができます!」と、JPSA理事長の細川哲夫氏は力強くコメントした。

JPSA理事長 細川哲夫氏コメント

「2021年度JPSAの冠ツアースポンサーとして、この度『さわかみグループ』様と契約することができました。JPSAにとって、選手にとってもとても嬉しいことです。選手たちの活躍の場を『さわかみグループ』様の協力の元、スケジュールを組むことができます。選手たちの練習の成果を見せられる場所が、昨年は一度しか無かったんですが、その昨年度の特別戦も『さわかみグループ』様のご協力で開催することができました。2021年度はしっかりとしたツアーを組むことができます。本当に『さわかみグループ』様には感謝しております。ありがとうございました。」

さわかみグループ代表 澤上龍氏コメント

「今年度、JPSA様へのスポンサーということで、手を挙げさせて頂きましたが実は、お付き合いさせて頂いているのは2013年からです。2013年と言うと、東日本大震災の後、原発問題で日本人が海に囲まれているにもかかわらず、海離れが進んでしまうということで、当然ながらサーフィンもそうでしたが、海に関係する、例えば、釣り、海沿いの飲食店など、色んなところで打撃を受けたと思います。私たちはそれでも海と一緒に暮らさなくてはいけない。その為にサーファーとして、またはJPSAとして、こういうことができるのではないかという、ひたむきな姿勢に惹かれて、それ以来、応援させて頂いております。」

「今回は2021年ということで、当時、東日本大震災の後の原発問題に遠からずだと思いますが、コロナウィルスということで、日本人、または世界の人たちの移動だとか、行動制限がかかっている中でも、この海に囲まれた日本の中で、海のスポーツ及びこの「スポーツ」で世の中を盛り上げていかなくてはいけない、という日本プロサーフィン連盟の想いに打たれ、何とかしてこの一年、厳しい環境かもしれないが、選手と一緒に、また日本を盛り上げていかなければと、改めて年間スポンサーという形で、契約させていただいた次第であります。」

 

※Web 配信:2 月 18 日(木)15:45 より INTERSTYLE 2021 ウェブサイト上で配信予定



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet