日本人初 フランス ビアリッツ発行のサーフマガジンSalt waterに写真家 笹尾和義の作品が掲載される

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

写真家笹尾 和義
Salt water フランス ビアリッツ発行

Salt waterに掲載した経緯について

笹尾和義:

ヨーロッパにフォトアートサーフィンブックは日本よりも多く存在している。商業ベースの雑誌やジャーナル雑誌を含め15誌以上あり、アートや写真について日本のシーンについて考えさせられる事が多く、日本の多くの方々にこのシーンの重要性を理解していただきたく切に願います。私自身はここ数年、ライフスタイルにおけるプレイヤーの生き方や家族のあり方についてフォーカスする事に比重を置いている。国内を含め世界各国のプレイヤーとの生活において、自分自身の影響について考える事が多くなりました、とても貴重で光栄であり学ぶ事が本当にある。ヨーロッパ旅のカメラマンとの交流でそう思った事がありました。」

現場で英語もロクにできないのに親切にしてくれて受け入れてくれる写真家やフォトグラファーに感謝しかない。そんなフランスの写真家ベンジャミンがsait watarというアートブックに関わっていた。今回、キックスターター(海外のクラウドファンディングサイト)で本を作るから日本のプレイヤーを撮影してメールして欲しいと連絡があった。今号で4号目のブックになるから日本をフォーカスしたいんだよねと。

もちろんだよ。日本もアートブックに関して知ってもらいたいよね、と日本のプレイヤーと話をしていた。ヨーロッパにおけるカメラマンや写真家の作品を見てもらいたいよと。

Salt watarに携われた事とても光栄に思う。

ありがとう 親愛なる写真家ベンジャミン。

掲載ページ

写真家笹尾 和義

写真家笹尾 和義

写真家笹尾 和義

写真家笹尾 和義

写真家笹尾 和義

写真家笹尾 和義

写真家笹尾 和義

写真家笹尾 和義

・今回プレイヤーとして作品に参加した国際プレイヤー

鈴村 新:GENTEMSTICKのライダーでもあるソウルサーファー鈴村新(スズムラアラタ)。昨年アメリカで行われたジェリー・ロペスのイベント、ビックウェーブチャレンジでソウルサーファー賞を受賞している日本の宝

小川 郁人:愛知県の伊良湖岬でカフェを経営し、海の近くに住み農業や行政などと地域の環境問題に取り組むソウルサーファー

ピッペン:スタイルマスターのピッペン。世界各国のログフェスに参加し交流を深める日本を代表する国際的ロングボーダーだ

ジャンボ:国内外で活動するモデル、旅人 現在日本にヨーロッパサーフカルチャーを伝える開拓者としてのパイオニア



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet