『サーファーとして知っておきたい、もしもの時の対処方法』1つでも海の事故が減るように願いを込めて

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

『サーファーとして知っておきたい、もしもの時の対処方法』1つでも海の事故が減るように願いを込めて

海の「もしも」は118番

7月23日(木)の海の日に向け、SFJ(サーフライダーファウンデーションジャパン)から、『サーファーとして知っておきたい、もしもの時の対処方法』がリリースされた!

この動画は、SFJが各関係団体とも連携を取り制作し、イメージしやすい動画を広めることで広く認識を促す為のもの。私たちサーファーが一市民として海の安心安全に貢献し、社会からの信頼を得ることは未来の海岸を守っていく事に繋がって行く。一つでも海の事故が減るように願いを込めて、動画がシェアされた。

「もし海の事故に遭遇した場合の対処方法について。要救助者を発見し、その対応をする場合は必ず周囲のサーファーが協力し合い、数人で救助を行って下さい。危険なので、絶対に1人で行わないで下さい。」

要救助者を発見した場合の対応

1.周りの人に声を掛けて協力者を確保して下さい。

2.まず、1名は118番に通報します。

3要救助者への対応は、単独では行わない。

『周囲のサーファーが協力し合う』ことがポイントだと思います。では最後までぜひ動画をご覧になって下さい!

指導:一般社団法人ウォーターリスクマネジメント
制作:株式会社LAND SKY WATER FILM
出演:佐賀和樹 佐久間泰介 井上楓
監修:一般社団法人サーフライダーファウンデーションジャパン



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet