「サーフィンで心と体に幸福を。」美人ロングボーダー『ジョシー・プレンダガスト』フィリピンシャルガオ島でのサーフィン映像

ライター: Miki

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ジョシー・プレンダガスト(Josie Prendergast)

世界中を飛び回るフリースタイルサーファー『ジョシー・プレンダガスト』

ジョシー・プレンダガスト(Josie Prendergast)は、フィリピンとオーストラリアのハーフで、5歳の時に家族とフィリピンからオーストラリアのバイロンベイへ移り住んだ女性サーファー。移住後まもなくNSW州の地元サーフコミュニティに馴染んだ彼女の父が、波の乗り方を教えました。10歳になる頃にはかの有名なオーストラリア人シェイパー、ボブ・マクタビッシュ(Bob McTavish)に板を作ってもらうほど、彼女のサーフィンは多くの人を惹きつけました。今ではソーシャルメディアで多くのファンを持ち、世界中を飛び回るフリースタイルサーファーです(関連記事:76歳 ボブ・マクタビッシュのサーフ映像 「今でもサーフィンやサーフボードに夢中である理由」)。

そんな世界を見てきた彼女だからこその夢があるそう。「自分で児童養護施設を作ったり、開発途上国の子供たちに、学校で必要な物や生活に欠かせない物を供給できるだけのお金を持ちたい。」

ジョシー・プレンダガスト(Josie Prendergast)

Billabongのビデオシリーズ”Know The Feeling”

ジョシーは最近、自分のルーツでもあるフィリピンのシャルガオ島に戻り、地元のサーファー友達や子供達とサーフセッションを笑顔で楽しんだ様。今回ご紹介する映像、Billabongのビデオシリーズの1つ”Know The Feeling”にて旅の映像が配信されました。

「サーフィンは心と体に幸福をもたらせてくれる。大好きなサーフィンが出来ることを幸せに思うし、この感情を波の上で友達とシェア出来ることは本当に素晴らしい事。サーフィンが与えてくれる物は無限。家族、コミュニティー、波の上で表現できる全ての事。ラッキーていう言葉では表せないくらい心が豊かになるの。あーっ!本当に楽しかったわ!」と今回のトリップを振り返っています。

サーフィンの楽しさを知る人なら誰もが味わった事のある童心に戻るようなあの瞬間。ピュアな笑顔と暖かいフィリピンの海で彼女たちが見せてくれるサーフィンは、とても無邪気でまさに最高のサーフライフそのものです。



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

Miki

Miki

元外資系客室乗務員、中東に住みながら世界50カ国以上飛び回る生活を送る中、バリでサーフィンに出会い人生激変。海の近くに住み毎日サーフィンが出来る環境を求めて現在はオーストラリアに住んでいます。
・Instagram→@eatmore.gelato/