コロナウィルスの感染拡大により、東京五輪代表を決定するISAワールドサーフィンゲームスの延期が決定

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ISA エルサルバドル サーフィン
エルサルバドルのエルスンザル 右側の玉石ポイントブレイク

サーフシティ・エルサルバドルISAワールドサーフィンゲーム6月6日〜14日に延期

5月9〜17日にエルサルバドルで開催されることが決定していた、2020東京オリンピックのサーフィン代表枠が最終決定する2020ISAワールドサーフィンゲームス(WSG)(関連記事:東京五輪サーフィン代表が最終決定する5月のISAはエルサルバドルに決定!サーフポイント映像)。しかし今回、本大会の延期が国際サーフィン協会(ISA)よりリリースされた。

エルサルバドルは中央アメリカの小さな国。太平洋のビーチ、サーフスポット、山の多い自然で知られている。

拡大し続ける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的パンデミックを考慮し、アスリート、ファン、スタッフ、役員、地域コミュニティの安全性を考慮して、ISAは政府との合意で決定。エルサルバドルのサーフシティエルサルバドルISAワールドサーフィンゲームスは、6月6日〜14日に延期されることとなった。

この暫定日は、先日発表されたワールドサーフリーグ(WSL)が5月末までシーズンを中断するという決定と歩調を合わせている(関連記事:コロナウィルスの感染拡大によりWSLサーフィンイベントの中止・延期を5月までに延長)。

東京オリンピック自体、延期される可能性がかなり高くなっている。予選大会も渡航禁止となっている状況や、安全面などを鑑みると延期は仕方なく、今後の見通しもまだ不明瞭な状況だ。



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet