コロナウィルスの感染拡大によりWSLサーフィンイベントの中止・延期を5月までに延長

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン

4日前に3月全てのWSL(World Surf League)関連サーフィンイベントの中止、又は延期がリリースされたが(コロナウィルスの影響でWSLサーフィンイベント計13個の中止や延期が決定)今回、再びその期間が5月までに延長された。世界でのコロナウィルスの感染拡大と、世界各国の入国制限が増えている状況を踏まえての決断となる。

中止や延期はWCTイベント初戦のコロナ・オープン・ゴールド・コーストが中止になったが今回は、第2戦のリップカールプロ・ベルズビーチ、第3戦のマーガレッドリバープロ、及びビッグウェイブアワードなどが延期となった。更に6月の第4戦のインドネシア クイックシルバープロ Gランドは中止か、他のエリアに移動しての開催となる。

WSL CEO エリックローガンは「6月が2020年シーズンを安全に開始できる可能性の最も高い時期だと感じている。WSLはグローバルなスポーツであり、ウイルスを加速させないという社会的責任を非常に意識しています。」などコメントした。

WSL WCTのイベントスケジュール詳細は以下よりどうぞ

https://www.worldsurfleague.com/events/2020

出典元:https://www.worldsurfleague.com



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet