バリ島が子供連れ家族で行くファミリーサーフトリップにお勧めな5つの理由と気を付ける事

ライター: AKIKO

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

今年はびっくりするぐらい暖冬ですね。私が海に入る千葉北エリアでもノーブーツ、ノーグローブで海に入れる日があって驚いてます。とは言っても真冬の1月〜3月の間はセミドライを脱ぎ捨てて、南国サーフトリップに行きたくなります。毎年2月には長女が2歳前、長男が6ヶ月の頃から、子供を連れて家族でバリ島へサーフトリップに行っています。今回はバリ島が家族でのサーフトリップにおすすめな理由や、最低限気を付けたい事をまとめたので是非参考にしてみて下さい!

【Index】

◼️バリ島がファミリーサーフトリップにおすすめな5つの理由
1.時差が無く体への負担が少ない
2.空港からホテルが近い
3.リゾート気分が味わえる安価なホテル
4.子供に優しい
・おすすめの子供向けアクティビティ
5.波が良い
・レベルに合わせたポイント選びが可能
・おすすめしたいバリ島サーフガイド
◼️最低限、気を付ける事

バリ島がファミリーサーフトリップにおすすめな5つの理由

1.時差が無く体への負担が少ない

日本とバリ島の時差はたったの『1時間』。日本の方が1時間進んでいます(例えば日本が午後3時ならバリ島は午後2時)。なので到着して昼夜逆転や辛い時差ボケに悩まされる事はありません。これは親にとっても子供にとっても身体への負担が少ないのです。また成田からバリ島 デンパサールへガルーダインドネシア航空直行便を利用した場合、午前11時に出発して現地時間17時45分に着きます。着いた日は夕飯を食べてホテルでゆっくり、翌朝から元気にサーフィンに行く事が出来ます。

ガルーダインドネシア航空の幼児食(要事前リクエスト)。ハンバーグやトマト味のパスタなど子供が喜ぶ機内食メニュー
バリ島がファミリーサーフトリップにおすすめ

2.空港からホテルが近い

バリ島の良いところは空港からホテルが集まる地区までが近い事。車でクタ地区なら約15分、ヌサドゥア地区なら25分、サヌール地区なら30分程度です。子連れ旅行はこの点がすごく大事だと私は思います。

3.リゾート気分が味わえる安価なホテル

大人だけのサーフィン修行で行くなら一泊2千円程度のロスメン(安宿)もバリ島には沢山あるので良いと思います。しかし家族で行くなら清潔で安心、子供が小さければキッズプールがあるホテルなどがおすすめです。一泊一部屋1万円ぐらいでリゾート気分が味わえるホテルに泊まれます。過去5回私が泊まった『プライムプラザスイーツサヌール』は特におすすめ。キッズプール、スライダーがありキッズプログラムが充実しています。またキッチン付きなので、日本から持参したレトルトのご飯をレンジで温めたり、簡単な調理も部屋で作れます。子連れ旅行だとちょっとそこまで軽く食べに行く、というのも大変な時があるので助かります。ヴィラの一棟レンタルもおすすめですが、プールの水深が深い場合が多いので子供が小学生以上の家族の方がベターです。プライベートプールにゴージャスリビングで非日常をリーズナブル価格で味わえるのはバリ島の魅力です。

プライムプラザスイーツサヌールのスライダー
バリ島がファミリーサーフトリップにおすすめ

日替わりのキッズプログラムの『フェイスペインティング』。宿泊者はもちろん無料で参加可能
バリ島がファミリーサーフトリップにおすすめ




4.子供に優しい

バリ人は子供好きな人が多いと思います。ホテルのスタッフも子供を見ればニコニコ、レストランでも嫌な顔もされずフレンドリー、マッサージ屋に一緒に連れて行けば近くに座らせて見てくれます。うるさくして怒られないかな、と気にする事もなく親子でのんびりできるバリ島。子連れ旅行にとってこれは本当にうれしい事です。

バリ島での子供のヘアカットも500円程度と安くておすすめ
バリ島がファミリーサーフトリップにおすすめ

・おすすめの子供向けアクティビティ

専用の車に乗りサファリエリアを一周や象のショーを楽しめるバリサファリ&マリンパークや、絶叫系スライダーやキッズプールなど様々な種類のアトラクションがあるウォーターボムは我が家の子供たちも大喜び。せっかく旅行に来たのだから色々な国の人たちと交流させたいと思い、インターナショナル幼稚園ルマクチルに一日体験入園もしました。

現地のスーパーで買い物も自然と『旅育』できて楽しい
バリ島がファミリーサーフトリップにおすすめ

5.波が良い

しかしバリ島に来たからにはやっぱりサーフィン!たとえ短いトリップでも必ずどこかで良い波があるのがバリ島。サーフポイントにはたいていワルン(海の家)という屋根つきの飲食できるスペースがあるので、子供たちも待てます。夫婦で交代で海に入る事も可能です。午前中はサーフィン、午後は家族でプールでゆっくりなんていうプランも良いですね。

・レベルに合わせたポイント選びが可能

旦那さんは掘れた大きい波に乗りたい、奥さんはメローな小さい波、サーフィンを始めたばかりの子供は安全なポイントが良い。初心者からエキスパートまで様々なポイントを選べるのがバリ島の良いところです。

・おすすめしたいバリ島サーフガイド

バリ島ではサーフガイドを頼むのが良いと思います。運転やその人のレベルに合ったポイント選び、一緒に入ってくれて波を選んだりもしてくれます。いつもバリ島で私がガイドをお願いしているサヌールのオンポンさんは日本語も堪能でサーフィンも上手で子供好きなのでおすすめです。

女性サーファーでも安心して楽しめる波もあります!良い波を効率的にゲットするにはサーフガイドにお任せするのがベスト

サーフィン、リゾート、食事、買い物とバランスよく楽しめるバリ島
バリ島がファミリーサーフトリップにおすすめ

最低限、気を付ける事

最後に逆に気をつけることですが、子供にはお腹を壊す恐れなどのあるローカルフードは食べさせない。また万が一の時用に海外旅行保険には入るなど、最低限の事だけは気を付けています。これまで現地で体調不良になった事もなく毎年楽しめています。初めての子連れバリ島旅行は胃に穴が開くほど色々心配になっていましたが、今は本当にリラックスして親子共々楽しんでいます。真冬は日本を抜け出して家族でバリ島へ是非行ってみてください!

関連記事:女子旅やサーファーカップル向け!バリ島チャングー3つのオススメポイント

 



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

AKIKO

AKIKO

酒とサーフィンとトリップをこよなく愛する二児の母&主婦。ママになってからの方がサーフィン熱が上がってます。センスも技術もないけど波運だけはあります。
・blog: akikoba.xyz
・facebook: akiko.d
・Instagram: @akikobataito