都筑有夢路がQS3000で3位!CTクオリファイに大きく前進『white buffalo HYUGA PRO』お倉ヶ浜海岸 最終日

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

2019年10月16日〜20日にて宮崎県日向市「お倉ヶ浜海水浴場」開催されているWSL QS3000「white buffalo HYUGA PRO in OKURAGAHAMA(ホワイトバッファロー日向プロ)」5日目のファイナルデイ。

・DAY1:和井田理央(19歳)、村上 舜(22歳)との再戦を目指し参戦!
・DAY2:自信を手にし始めた日本人サーファーたち『都筑有夢路・前田マヒナ・川合美乃里』
・DAY3:都筑有夢路と脇田紗良がベスト8で対決!
・DAY4:村田 嵐、矢作紋乃丞、加藤翔平、Ketut Agusの4人がワールドジュニア代表に決定!

先日のQS10000で優勝し、アジア人初のCTクオリファイが目前となった都筑有夢路。本日開催されたQFでは脇田紗良との日本人対決。都筑有夢路はエクセレントポイント8.0ptも出し序盤からのリードをキープして勝利。SFへ進む。

風が強まり、オンショアコンディションとなってきたSFでは、QSランキング7位 アメリカのアリッサ・スペンサー(Alyssa Spencer)に序盤から引き離され、リズムを掴めずそのまま敗退。オンショアの波を掴むのが上手かったアリッサに抑えられた。

アリッサ・スペンサー
アリッサ・スペンサー

都筑有夢路
都筑有夢路

この結果、都筑有夢路は3位でフィニッシュ。1,680ptを獲得し、トップ5のトータルスコアを14,030ptと伸ばし、来年のCTクオリファイに大きく前進した!

都筑有夢路、試合後のコメント「1つ前のヒートは見ていたけど、海に入ってから急に波質が変わってそれに対応できませんでした。今回は優勝したかったですが、ポイントは稼げたのでしっかり仕事はできたかなと思います。今後のイベントについてはオーストラリアQS6,000には必ず行きますが、それ以外はまだ未定です。」

またサーフボードについては「今はXANADU(ザナドゥ)のサーフボードを使っていて、乗りこなすのが難しいけど、乗りこなすと爆発的に自分の力を引き上げてくれるサーフボードなんです。まだまだこの先、自分の力を引き上げてくれるだろうボード。良くない波でもスコアをだせるサーフボードです。」とコメントしてくれた。

ウィメンズは全て終了し、ザーリケリー(ZahliKelly)が優勝、アリッサ・スペンサー(Alyssa Spencer)が2位となった。

Women’s QS3,000
優勝 Zahli Kelly(AUS)、2位 Alyssa Spencer(USA)、3位 Philippa Anderson(AUS)/都筑有夢路(JPN)

・Live中継やヒート表は以下WSL Japan公式サイトよりどうぞ!
worldsurfleague.jp/2019/white-buffalo/

 



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet