和井田理央(19歳)、村上 舜(22歳)との再戦を目指し参戦!『white buffalo HYUGA PRO QS3000』DAY1

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

村上舜、都筑有夢路、松田詩野らトッププロ達が参戦!宮崎県日向市『お倉ヶ浜海岸』で国内最高グレード『white buffalo HYUGA PRO QS3000』開催!

2019年10月16日〜20日開催される、WSL「white buffalo HYUGA PRO」in OKURAGAHAMAが開幕した。(詳細は:村上舜、都筑有夢路、松田詩野らトッププロ達が参戦!宮崎県日向市『お倉ヶ浜海岸』で国内最高グレード『white buffalo HYUGA PRO QS3000』開催!)

4回目を迎える同大会は、2018年より会場を宮崎県日向市「お倉ヶ浜海水浴場」へ移し、九州最高峰の波で熱戦が繰り広げられる。昨年まで国内唯一の女子のみの大会として、サーフィン業界を揺るがす大会として、1回目から注目を集めて来た。しかし、今年よりMEN’S QS1000大会と共催を決め、よりサーフィンファン達にとって魅力的な大会へと進化。

ビーチクリーンも開催
村上舜、都筑有夢路、松田詩野らトッププロ達が参戦!宮崎県日向市『お倉ヶ浜海岸』で国内最高グレード『white buffalo HYUGA PRO QS3000』開催!

また、2020TOKYOオリンピックまで1年を切り、条件付き内定者が決まるなど注目が集まり始めた競技サーフィン。昨年に比べ、より多くのメディアが訪れ、サーフィン熱が上がっている事を証明してくれた。

そんな中、台風19号の影響を受けた、海外選手達の来日が遅れたこともあり、大会初日はMEN’Sからスタート。スタート時の波は、頭サイズ。風も弱く、ベストコンディションで開幕試合を迎えたのだ。

村上舜、都筑有夢路、松田詩野らトッププロ達が参戦!宮崎県日向市『お倉ヶ浜海岸』で国内最高グレード『white buffalo HYUGA PRO QS3000』開催

MEN’S注目選手は、この2人。
先日宮崎県木崎浜で行われた、ISAワールドサーフィンゲームスで見事2年連続ファイナルまで勝ち進みアジア最高位の座に輝き、2020TOKYOオリンピック条件付き内定を獲得した“村上 舜(22歳)”(関連記事:村上舜がケリー・スレーターを破り決勝へ!4位入賞となったファイナルデイハイライト映像 -2019 ISA WSG)。そして、本大会メインスポンサー「white buffalo」のホストライダーであり、ISAワールドサーフィンゲームスで村上 舜に敗れ、惜しくもアジア最高位を逃した、インドネシア代表“和井田 理央(19歳)” だ。

まず始めに登場したのは、村上 舜。ヒート内で最多となる、9本のライディングを繰り広げ、本日のトップスコアとなる15.66を叩き出し、危なげなく、ヒート1位でラウンドアップを決めた。また、同ヒートには、弟「村上 蓮」も出場。2人でワン・ツーフィニッシュし、村上兄弟の存在感を感じさせるヒート内容となった。

村上 舜
村上舜、都筑有夢路、松田詩野らトッププロ達が参戦!宮崎県日向市『お倉ヶ浜海岸』で国内最高グレード『white buffalo HYUGA PRO QS3000』開催!

村上は、クオリティのある波キャッチし、しっかりと技を決めることが出来た。試合序盤に2本揃えることが出来たのが勝因の一つ。次のラウンドも自分のサーフィンを観て欲しい!

また、ISAワールドサーフィンゲームスが終わってから、約1ヶ月が経った今の状況も語った。村上 舜:「先日のISAワールドサーフィンゲームスでは、自分が考えるアクション(トップレーンを使った技や技のキレ)に対して評価をしてもらえた事がすごく自信に繋がった。応援してくれる人の力をどう自分のチカラに変えられるのか考えて、頑張っていきたい。とにかく、陸の自分ではなく、“海”の自分を観て欲しいです!」と大会を通じ、経験した事を成長の糧にし、更なるレベルアップに励んでいる事が垣間見えた。どこか一回り大きくなった村上舜がそこにいた気がした。

村上 舜
村上舜、都筑有夢路、松田詩野らトッププロ達が参戦!宮崎県日向市『お倉ヶ浜海岸』で国内最高グレード『white buffalo HYUGA PRO QS3000』開催!

一方、和井田理央は第9ヒートに登場。開始約5分で試合を決めるライディングを2本揃えて、トップ通過を成し遂げた。和井田は、宮崎・日向に来たのは初めてと言いつつも、多彩な技をきちんとメイクして見せ、圧巻の試合運びだった。大会2日前に来日。昨日(15日)は、日向の波に慣れる為「朝・昼・夕方」と、練習に励み、大会を楽しみに待っていた。

和井田理央
村上舜、都筑有夢路、松田詩野らトッププロ達が参戦!宮崎県日向市『お倉ヶ浜海岸』で国内最高グレード『white buffalo HYUGA PRO QS3000』開催!

ISAワールドサーフィンゲームス後は、WSL アジアリージョナルチャンピオンになる為にスリランカ・フィリピンとアジアを転戦。しかし、思った結果がついて来なかった。その状況を和井田は「セーブしたサーフィンをしてしまっていた。やっぱり、リスクあるサーフィンにチャレンジしていく勇気を持たないと上では戦えない。」と語っていた。その為に板を新調し、今まで持ち合わせないテールに変えたりと試行錯誤し、日本にやってきた。日本は、母親の母国であり、大好きです!と堂々と語り、自分のサーフィンの底上げを狙っている。

最後に和井田は、「僕は、日本食が好きだから、準備は万態です!日本でしっかりとサーフィンにおいて、チャレンジし、優勝したい。だって、僕のスポンサーの大会だから…。この大会と台湾QSでしっかりと結果残し、アジアリージョナルチャンピオンになります!また村上舜くんは、とても上手い選手。決勝で試合して、リベンジしたいですね!笑」と語った。本大会は、現時点でWSL アジアリージョナル1位にいる、“鈴木 仁(18歳)”とラウンド3で直接対決をする。そのヒートも注目が集まる。シーズン終盤にある、本大会。色んな場面で戦いが繰り広げられる為、1日も気が抜けないヒートが続く。

和井田理央
村上舜、都筑有夢路、松田詩野らトッププロ達が参戦!宮崎県日向市『お倉ヶ浜海岸』で国内最高グレード『white buffalo HYUGA PRO QS3000』開催!

2019年シーズン、国内最後となる国際大会だけに九州地方だけに留まらず、全国のサーフィンファンからの来場を期待したい。

・Live中継やヒート表は以下WSL Japan公式サイトよりどうぞ!
worldsurfleague.jp/2019/white-buffalo/

 



 

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet