腰腹ファンウェイブ!中国で初となるウェイブプールでのサーフィンテストライド映像を初公開

ライター: surfpro

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ウェイブプールサーフィン映像

中国の河南省のエクストリームスポーツセンターに設置された、中国で初となる人工波サーフィンウェイブプール施設β版のテストライド映像が公開された。今年2月に巨大なラグーンで波を起こす映像が公開され建設がスタートし、4ヶ月のスピードでここまで完成させた。このウェイブプールは、ケリー・スレーターのウェイブプール、サーフランチやウェイブガーデンと同様の仕組みでプールの中心に機械を走らせ、波を作り出している中国自社開発の施設だ。オリンピックに決まった後のこのスピード感、さすが中国。

・関連記事:中国 河南省に初のサーフィンウェイブプールを建設!建設用クレーンを再利用して開発費用は約4億円と低コストを実現

今回のβ版でのテストライダーは、元ナショナルサーフィンチーム​​、元ナショナルジュニアチャンピオン、ロングボードチャンピオン。生成される波はまだ小さく腰腹前後であるが波のクオリティは良く、今後更に進化を加えて行くという。サーフィンマーケットの成長に欠かせないウェイブプール。オリンピックを視野に入れ、世界そして中国も本腰を入れてきた。今後の発展から目が離せない。



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

美容や健康に携わりたく、美容師、栄養士を経て独立。今まで転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、現在は投資と会社経営をしながら世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来るもの。人生サーフトリップ!