サーフィン人工波施設「ウェイブプール構想」を静岡県・牧之原市が発表

ライター: surfpro

6122Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

人口サーフィン イメージ

サーフィンによる地域活性化を目指す静岡県

2020年東京五輪の追加種目としてIOCへの提出が決定しているサーフィン。そしてサーフィン会場の誘致を目指す静岡・牧之原市がサーフィン人工波施設「ウェイブプール建設構想」を発表した。

300メートル×100メートルという巨大サイズのウェイブプールを建築予定。牧之原市といえばのサーフィンのメッカ静波海岸。そして隣の御前崎市には御前崎ポイントなどもあり、この辺はサーフィンの名所ポイントが多数集まるサーフラインとなっている。

サーフィン オリンピック関連記事▶
【2020東京五輪 】サーフィン含む5競技 IOCへの提出が正式決定

静岡県から今年、伊豆下田市による『東京五輪サーフィン競技会場下田市誘致ムービー』がリリースされたばかりだが、今回は同県の牧之原市がサーフィン人工波施設「ウェイブプール構想」発表と、サーフィンによる地域活性化に力を入れている。
『東京五輪サーフィン競技』静岡県 伊豆下田市の会場誘致ムービー

また静岡では最近、海の自然環境問題についても物議を醸している。
『自然を守ろう』13.5メートルの堤防が伊豆のビーチの目の前に?

「ウェイブプール構想」で日本のサーフィンがより活性化する

人口サーフィン施設においては西日本の神戸「コウベレイーズ」が既に建築を進めている(【シュール動画あり】神戸人工サーフィン施設「コウベレイーズ」)が、今回は東日本での計画発表ということで、これから日本全国で「ウェイブプール構想」が広がりそうだ。

海が無く、海からも遠い、長野県、群馬県、埼玉県など。そして極寒の地である東北地方など潜在ニーズのありそうな地域にサーフィン用ウェイブプールができれば日本サーフィン業界は更に発展するだろう。海での混雑回避のためにも日本全国にウェイブプールをつくるべきだ。

そして海外でも昨年末にケリースレーターが新ウェイブプール構想を発表するなど話題になっている。
【ケリー・スレーター】新ウェイブプール&サーフィン映像を公開

人工でもサーフィンをする人が増えサーフィンの楽しさを知ってもらうことはもちろん、サーフィンを通して自然環境問題にも関心を持つサーファーが少しでも増えればと思う。

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!