【How to】ケリー・スレーターに学ぶパドリングのコツ

ライター: shun

4136Like&Share

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ケリー・スレーター パドリング

 

台風シーズンは普段よりもサイズや流れの強い日が多いことだろう。そんな時に一番重要だともいえるのがパドリングだ。あなたの周りにいる上級者、またはプロサーファーのパドリングを見て、何か感じる事はないだろうか?恐らく、多くの人は圧倒的なスピードの差を感じているはずだ。


ケリー・スレーターに学ぶパドリングのやり方-コツ

そこで、今回は世界チャンピオンに11度も輝いているサーフィン界の神様 “ケリー スレーター” のパドリングを参考に、重要なポイントを3つに絞って解説している以下の動画を簡単にまとめ紹介したいと思う。


その1 “頭は真っ直ぐに”

頭は人間の体の中で最も重いパーツになるため、頭がグラグラとしてしまうと、体全体でバランスを取ろうと力があちらこちらに逃げてしまうので、パドリングの際にスピードをロスしてしまう原因になる。頭を真っ直ぐにキープする事が重要。

 

その2 “肘を高くあげる”

パドリングの際に肘を高く上げることにより、手を力強く沈める事ができるようになる。また水の抵抗が減る。それによって更にパワフルなパドリングが可能になる。

 

その3 “身体の芯を中心に左右にロールする”

身体の芯を中心に、左右にロールして左右に少し体重移動するようなイメージでパドリングをすることで、抵抗が少なくなり、ポイント2の”肘を高く上げる”事が容易になる。また、それをすることにより大きな筋肉(大胸筋や広背筋)が使えるようになるため、パドリングが早くなる。


 

以上3つの点を意識する事により、沖に出ることが楽になったり、ドルフィンスルーがスムーズになったり、波を掴みやすくなることだろう。このような動画を紹介することで、みなさんのサーフィンに対してのモチベーション向上に繋げてもらえたらなと思う。

最後に、筆者が世界的にも有名なポイント『スナッパーロックス』でサーフィンをしていた際、あまりにも流れが強く、心が折れてしまっていた時に、隣をケリースレーターとジュリアンウィルソンが雑談しながら、サーフボードにモーターでも着いているかの如く、物凄い速さで沖へ行ってしまったのを目の当たりにしたことがある。普段はプロサーファーの派手なアクションなどに目が行きがちだが、改めてパドリングの重要性、難しさを痛感した出来事だった。

人気のサーフィンビジネス記事

サーファーは大手企業よりも、会社経営、個人事業、ベンチャー企業へ
サーフィン サユリタ

失敗を繰り返して成功したサーファーの『人生を変えるアドバイス』
サーフィン 投資

あわせて読みたいテクニック記事

サーフィンテクニック特集

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

shun

shun

オーストラリアのバイロンベイへ日本人のいない環境を求め、世界中の旅人達と共に約1年間のバックパッカー生活を経験した後に移住。サーフィンや釣りを通じてオーストラリアの大自然に強くインスパイアされ、遂にはアパレルブランド"Adventure"を立ち上げた。他にはYouTubeにて釣りをメインにサーフィンや海外生活ならではの動画を配信と多方面にて活動中。
・YouTube:日豪釣りチャンネル/FISHING IN AUSTRALIA
・日々の波、海、サーフィンメインのInstagram: @w.n.s_fam