真木蔵人や真木泰人も参加した『第2回JASO全日本障がい者サーフィン選手権』大会動画

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

真木蔵人や真木泰人も参加した『第2回JASO全日本障がい者サーフィン選手権』
コンテストを楽しむ真木泰人、阿出川輝雄、真木蔵人

JASO全日本障がい者サーフィン選手権

サーフィンの街、千葉県いすみ市で毎年行われ、今年で16周年を迎えるサーフタウンフェスタ2019。5月18日〜6月2日までの3週間の週末に開催されている。そして5月26日(日)は、太東海水浴場にて第2回JASO全日本障がい者サーフィン選手権が開催された。

●JASO関連記事
千葉大原で開催された『日本障害者協会JASO』主催の第1回サーフィン体験会とは
千葉県太東海岸で開催された、日本初の障害者サーフィンエキシビジョンマッチとは

太東ビーチJASO全日本障がい者サーフィン選手権

・大会クラスカテゴリー

障がいの種類別に以下クラスに分かれて競われた。
・AS-1〜2:立って、又は膝立ちでサーフィン
・AS-3:座ってサーフィン
・AS-4:腹ばいサーフィン(自力でゲット&テイクオフ)
・AS-5:腹ばいサーフィン(アシストが必要)
・AS-VI:視覚に障がいがある方
・デフクラス:聴覚に障がいがある方
・チャレンジドキッズクラス:障がいのある小学生から18歳まで
※今年はAS-4とAS-5が合同ヒート、AS-3クラスのヒートは無かった様子

YoutubeでもLive配信され、会場は終始和やかな雰囲気で行われた。開催に携わる日本障害者サーフィン協会の代表理事を務める阿出川輝雄氏自身も右半身不随であり、AS-5クラスに出場する選手の1人。当日はアシストに家族ぐるみでの長い付き合いである真木蔵人と、弟の真木泰人の素晴らしいアシスト協力の元、見事なライディングを披露した。

サーフィンの魅力

オレンジジャージを着た多くのボランティアに支えられ、穏やかな天気と波にも恵まれ、障がい者サーファーにとって最高のコンディションで開催できた第2回大会。今回はAS-4〜5クラスで3位入賞の結果を残した阿出川氏は「私が優勝するかと思いましたら第3位でした。でもそれがまた励みになって、来年への意欲になると思います。」「サーフィンというのは昔から、毎日違う波に乗るのが面白いと思っています。」とサーフィンの魅力についても教えてくれた。

出場者のライディングや真木蔵人のコメントなども収録された、実際のイベントの様子は以下映像よりどうぞ!
Film by WAVETRIP



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet