ケリー・スレイターのチルトシフトエフェクトサーフィン動画

ライター: AtsushiTada

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

チルシフトとは…数年前よりリアルな風景がミニチュア・ジオラマの世界のように撮影できるとして話題を呼んでいた撮影方法。写真の狭い領域にフォーカスを当て、そこから自然な感じでぼかしを入れます。以前は専用のチルトシフトレンズが必要でしたが、スマートフォンの技術の向上やアプリケーションの発展により、携帯電話でも簡単に撮影できるようになりました。チルトシフトはタイムラプス(長時間撮影を高速に再生すること)が流行るきっかけにもなりました。

チルトシフトの動画はフォーカス範囲が非常に狭いため、サーフィンのような被写体が動き回るような動画はあまり多くは存在していない中で、非常に貴重なチルトシフトのサーフィン動画です。しかも、00:20あたりに登場するのはケリー・スレーター

だいぶ一般的になったということもあり、メディアで取り上げられることが少なくなったチルトシフトですが改めてみると面白いですね。昔流行った手法を改めてやってみると新鮮になるのかもれません。しかし、動画を観ればお分り頂けるが、なかなか完璧な位置にフォーカスを持ってこれていない。特にサーフィンは一度のライディングで移動する距離やスピードがあるため、サーファー一人にフォーカスするのは非常に難しい。やはり、アングルを固定した状態での撮影が一番向いているのですね。

撮影方法としても非常に珍しいミニチュアサーフ動画をどうぞ!

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

TadaAtsushi

AtsushiTada

WEBディレクターやりながらライティング、アクセス解析、UI/UXデザイン、などなど幅広く浅く。皆様が初心者でも楽しく安全に、サーフィンを楽しんで上達できるように..。