種子島を舞台とした話題の映画『Life on the Longboard 2nd Wave』が5月31日(金)から全国一斉公開!

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン映画 Life on the Longboard 2nd Wave

前作から14年の月日を経て完成した改心の作品

サーフィンのメッカ種子島を舞台とした話題の映画『Life on the Longboard 2nd Wave(ライフ・オン・ザ・ロングボード2nd Wave)』が5月31日(金)から、新宿バルト9、鹿児島ミッテ10、他、全国一斉公開されることが公式公開された。

前作『Life on the Longboard』(2005年公開 大杉漣、小栗旬、勝野洋、他)から、14年の月日を経て、改心の作品が仕上がった。物語に継続性は無いが、同じ鹿児島県 種子島を舞台に、情熱とマインドが引き継がれている。前作と同じ主要スタッフも再集結し、吉沢悠が主演、馬場ふみか、香里奈という素晴らしい豪華キャストが参加。

前作は公開後に「おやじサーファー」で日本中の海が埋め尽くされる社会現象を引き起こし、各媒体で取り上げられ大ヒットを記録。主演の大杉漣 氏は、惜しくも昨年2月に他界されたが、彼の作品に掛けてくれた想いも種子島の美しい風景と共に甦える。観てくれた人すべてに、明日へのヒントと、生き抜くパワーを届ける珠玉の人間ドラマだ。

・種子島サーフィン関連記事:種子島を愛するローカルサーファーが語る島のサーフィン事情!ビジターのサーフトリップをサポートする種波とは?

 

・Story
定年後にサーフィンに目覚めて種子島に移住した中年男性の第2の人生を、大杉漣主演で描いた「ライフ・オン・ザ・ロングボード」の続編。一流サーファーとしての実力がありながら、生来の性格が災いして湘南の住居も追われてしまった梅原光太郎は、かつて自分を愛弟子のようにかわいがってくれたサーファー・工藤銀二を頼って種子島にやってくる。しかし、銀二はすでに亡くなっており、娘の美夏が銀二のサーフショップを切り盛りしていた。無一文の光太郎は美夏に邪険に追い払われてしまうが、光太郎の眼前には鉄浜海岸の美しい海が広がっていた。光太郎役を「エキストランド」の吉沢悠、美夏役を「黒い暴動」の馬場ふみかが演じるほか、香里奈、泉谷しげる、大方斐紗子、竹中直人らが脇を固める。前作から引き続き、喜多一郎監督がメガホンを取る。

・映画『ライフ オン ザ ロングボード セカンドウェーブ』
主演:吉沢 悠 / ヒロイン:馬場ふみか
キャスト:香里奈、松原奈佑、立石ケン、森高愛、大方斐紗子、泉谷しげる、南美沙、保田あゆみ、TEE、角田信朗、勝野洋、榎木孝明、竹中直人
監督:喜多一郎
脚本:喜多一郎 金杉弘子
配給協力:ティ・ジョイ

・上映劇場
地元鹿児島の、鹿児島ミッテ10をはじめ、東京 新宿バルト9、東京T・ジョイPRINCE品川、神奈川 横浜ブルク13、千葉 T・ジョイ蘇我、新潟 T・ジョイ新潟万代、大阪 梅田ブルク7、京都 T・ジョイ京都、広島 広島バルト11、福岡 T・ジョイ博多、大分 T・ジョイパークプレイス大分他、全国公開

公式サイト:http://lifeonthelongboard2.com

・前作『ライフ・オン・ザ・ロングボード』



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet