NSAサーフィン3級女子でも満喫できるオフシーズンのスンバワ島レイキーピーク サーフトリップ

ライター: AKIKO

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン レイキーピーク

インドネシア スンバワ島 レイキーピーク

日本人サーファーに大人気のインドネシア バリ島。日本が真冬の12月~3月はここは日本か?と思ってしまうほど海が日本人で混雑している場合もあります。リゾート、観光、ショッピング、サーフィンと何でも楽しめるバリ島も素晴らしいスポットですが、今回はバリ島から飛行機で約1時間のスンバワ島レイキーピークに。この掘れてる波、大きすぎる波が苦手なNSAサーフィン検定3級の女性サーファーでも果たしてレイキーピークの波に乗れるのでしょうか!?

【Index】

1.スンバワ島レイキーピークへのアクセス方法
・バリ島ングラライ空港から国内線で1時間
・ビマ空港からタクシーでレイキーピークへ2時間

2.レイキーピークのサーフィン事情
・レイキーピークのオンシーズンとオフシーズン
・レイキーピークからボートで5分のペリスコープ
・レイキーピークのサーフガイド
・バリ島とは違ったスンバワ島の魅力

 

・ロンボク島の東に浮かぶスンバワ島

1.スンバワ島レイキーピークへのアクセス方法

・バリ島ングラライ空港から国内線で1時間

バリ島ングラライ空港からスンバワ島ビマ空港まで国内線で約1時間。今回はlionairを日本でネットから予約しました。往復約9,000円。行きと帰りで別途20万ルピー(約1,600円)づつをボードチャージとして現金で払いました。Sriwijaya airの子会社のNAM AIRが最近人気があると聞きましたが、エコノミーで20kg以内ならサーフボードチャージもかからないとの事。次回は是非利用して乗り比べしてみたいと思っています。

ビマ空港タクシー料金表

・空港からタクシーで2時間でレイキーピークへ

ビマ空港に到着したらレイキーピークまでは約2時間のドライブになります。空港のタクシーの料金表です。サーフボードを持っている人同士で声をかけ合って相乗りして料金を割るのが一般的らしいです。今回はなんとサーファーがいなかったので一人で80万ルピー(約6400円)を払うことになりました。タクシーと言っても普通のミニバンで、路面は舗装されていましたが山道を上ったり下ったり、野生の牛が歩いている野性味あふれる道路でした。

2.レイキーピークのサーフィン事情

・レイキーピークのオンシーズンとオフシーズン

1年を通してサーフィン可能ですが、オンシーズンは南西スウェルによってサイズが上がる傾向にある4月~6月。7月8月は朝イチは風が弱いが日中は強風が吹くことが多く、カイトサーフィンを楽しむ人も多いそう。11月~3月はオフシーズンです。今回は2月に行きましたが日本人にも3人しか会わずホテルも海も空いていました。

・レイキーピークのパーフェクトな三角波
サーフィン レイキーピーク

メインポイントのレイキーピークはロータイドでもサーフィン可能ですが、ロータイド時は掘れたバレルの波になることもあるそう。ライト、レフト共に、絵に描いたようなパーフェクトな三角ブレイク!レフトの方が乗れる距離が長めで、レフトの波は大の苦手でしたが大好きになりました。

ゲッティングアウトは200メートルほどパドルかボートでします。4フィートからのビッグサイズがベストでローカルや欧米人サーファーはサイズが大きくならないと入らないことも多いそう。今回の写真はピークで3フィートでしたが私にとっては十分なサイズでこれ以上はちょっと怖いなと思ってしまいました。

サーフィン レイキーピーク

・ボートで5分のペリスコープ

レイキーピークからボートで5分のペリスコープは、悪路なのでバイクや車で行くのは困難との事。ハイタイド時がベストのレギュラーオンリーポイントです。湾の中のポイントなのでメインのレイキーピークよりは1、2サイズ小さい。この日は頭くらいの極上波が割れていましたが人数は5人~10人程。空いていたこともあり2時間で20本以上テイクオフ。こんなにいい波でこの人数。なんて贅沢なんだと大満足でした。

・レイキーピークでフリーサーフィンを楽しむスタイリッシュなCocoHo

・レイキーピークのサーフガイド

今回友達の紹介でお願いしたローカルのSammy。レイキーの波を知り尽くしています。一緒に海に入ってくれて、「今はレフトだけ、もうちょっと潮上げたらライトも乗れるよ。明日もしサイズが上がったら違うポイントに行こう。」など的確にガイドしてくれ、ボートやサーフィンフォトグラファーの手配もしてくれました。初めて行く方はガイドをお願いすると沢山乗れて様々なポイントを楽しめると思います!

・サーフィンの実力も凄いSammy

サーフィン レイキーピーク

・バリ島とは違ったスンバワ島の魅力

数軒のレストランと商店しかないレイキーピーク。コンビニエンスストアもありません。ショッピングやリゾートを期待する方には全くオススメできません。カップルで彼女がサーフィンをしない、小さい子供連れのファミリートリップでしたらバリ島が良いと思います。自分のレベルでは乗れないのではと心配していたサーフィンでしたが十二分に楽しめました!レイキーピークが大きすぎれば20分ほどでファンウェーブが割れるビーチのポイントなどもあるそう。日本人サーファーともあまり会わなかったのでトリップに来たなっていう感じがあったのも良かった。

サーフィン レイキーピーク

海でサーフィンをしながら見える緑の山々やとうもろこし畑、野性の牛が歩いている、美しい夕焼け。そして何より極上波。シンプルで素朴なサーフトリップをされたい方にオススメですよ!



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

AKIKO

AKIKO

酒とサーフィンとトリップをこよなく愛する二児の母&主婦。ママになってからの方がサーフィン熱が上がってます。センスも技術もないけど波運だけはあります。
・blog: akikoba.xyz
・facebook: akiko.d
・Instagram: @akikobataito