2020年東京オリンピック サーフィンの観戦料金は3,000円に決定!最高額は陸上競技 決勝の13万円

ライター: Micky-G

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

東京2020大会オリンピック公式チケット全競技価格や購入方法

2020年東京五輪・オリンピック組織委員会より、2018/7/20にオリンピック観戦料金の最高価格は開会式の30万円、最低価格は開催年にちなんだ2,020円(2,020円は12歳未満の子供や60歳以上の高齢者等を含むグループ、小中学生や高校生向けの企画チケット)と発表されていた。その時点では価格設定に難航しており決定していなかったサーフィンの観戦料金が今回、3,000円と発表された!これは最低価格の2,500円に継ぐとてもお手頃な価格。最高額は人気種目となる陸上競技 男女決勝の13万円だ。スケートボード男子決勝は以下の通り11,500円となる。

もともとサーフィンは観戦料無料のスポーツだが、昨年のWCT公式試合で初の試みとなったウェイブプール開催時のみ有料観戦となった(詳細は:国籍を超えて1つとなったワールドチームが優勝!チーム全員で優勝を勝ち取ったウェイブプールイベント『ファウンダーズカップ』)。だが今回 警備等の兼ね合いなどから価格をつけることになり、波が無く延期されても払い戻しを受付けないなどの観点からの価格設定となった。サーフィンは今回が初めてオリンピックに追加された競技だ。自然相手でオリンピック史上例のない未知の部分が多く、まずは未来へ続く大きな一歩となったと言える。

・東京2020大会オリンピック公式チケット価格(一部抜粋)

サーフィン オリンピック

東京2020大会オリンピック公式チケット 全競技の価格一覧はこちらから

・オリンピック観戦チケット予約方法

観戦チケットを購入するためには、もう既に始まっているTOKYO 2020 ID の登録が必要だ。入場券は3段階での発売となり、初回は今春に公式チケット販売サイトが開設し、そこから抽選申込がスタートして6月中旬以降に抽選結果が発表される予定。2回目は今秋から先着順で販売され、大会直前の2020年春以降には都内設置予定のチケット販売所などで購入ができる。最終の第3回に更に残った分は20年春から、東京都内に設置予定のチケット販売所などで購入できる。詳しくはオリンピック観戦チケット予約サイトより。またサーフィンのスケジュールや記念硬貨については以下よりどうぞ!

・オリンピックスケジュール
オリンピック競技スケジュール発表!サーフィンは釣ヶ崎海岸にて7/26~29の4日間で開催!

・サーフィン記念硬貨
サーフィンやスケートボードなど新種目が東京五輪 記念硬貨のデザインに!販売・申込方法も公開



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。