ウェアラブルスマートウォッチを使用したレイキー・ピーターソン究極のトレーニング方法

ライター: AKIKO

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

カリフォルニア州サンタバーバラ出身 現在24歳のレイキー・ピーターソン。2012年にルーキーとしてCT入りを果たしてから、ここ数年着実に実力を上げ2018年度CTランキングは自身最高位の2位となった。フィリペ ・トレドにエアーを教えてもらっているトレーニングシーンなども話題となったが今回は彼女の普段のトレーニング方法を、SurflineとスマートウォッチFitbitのコラボ動画(Lakey Peterson’s Ultimate Beach Workout)よりご紹介!

サーフィンと最新テクノロジーを用いたウェアラブルスマートウォッチがどう適合されるのか、実力的に世界タイトル獲得目前のレイキー・ピーターソンのトレーニング方法に迫る。お正月、三連休気分がまだ抜けない時期になんともストイックな映像は必見です!

サーフィン

コンテストではエアリアルも炸裂!ウェイメンズのサーフシーンを牽引するレイキー。

スマートウォッチFitbit を使用し、彼女のトレーニングをあらゆる側面から計測。まずは早起きして目覚めのコーヒーを飲み、ビーチに向かうレイキー。波が小さいのでサーフィンではなくビーチでトレーニング。潮のいい時間帯を狙う。

潮回りと共にサイズアップした海でサーフィンをするレイキー。2Rをこなしビーチでのトレーニングを終え1日を締めくくった。本日の彼女の歩数は2万歩(16キロ)、そして約3.2キロをパドルし、消費カロリーは1万キロカロリーを超えた。20代女性平均消費カロリーは1800キロカロリーであるので一般人の5倍以上。いかに毎日ハードなトレーニングをしているかがわかる。既に女子サーフィン界トップオブトップの彼女は2019年も最新テクノロジーをも活用しつつ、初のワールドタイトル獲得に向け突き進む。

実際のトレーニングシーンやサーフシーンは以下よりどうぞ。動画は埋め込み不可のため以下画像よりリンクして視聴ください。

Lakey Peterson’s Ultimate Beach Workout(レイキー・ピーターソンの究極ビーチワークアウト)



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

AKIKO

AKIKO

酒とサーフィンとトリップをこよなく愛する二児の母&主婦。ママになってからの方がサーフィン熱が上がってます。センスも技術もないけど波運だけはあります。
・blog: akikoba.xyz
・facebook: akiko.d
・Instagram: @akikobataito