世界屈指のビッグウェイブポイント『ナザレ』に波が立つ理由

ライター: AKIKO

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ナザレ サーフィン
・全長230kmのナザレ海谷

ポルトガルの首都リスボンから北へ120kmのところにある海辺の町、ナザレ。銀の海岸(コスタ・デ・プラタ)に面したリゾート地で夏の海水浴シーズンには観光客で混雑する。冬になると大西洋に吹き荒れる嵐が生み出す壁のような巨大波が打ち寄せ、ビッグウェイブサーフィン世界記録が樹立されるなど、今ではビッグウェイブサーファー達がこぞって訪れる人気ポイントになっている。

以下動画の説明によると、最深部が5kmにもなる自然が生み出した全長230kmのナザレ海谷が巨大スウェルを生みだす原因だ。ナザレは深い海峡の先端に位置しており、その海峡がまるでじょうごのように北大西洋のスウェルを海岸よりの一カ所に集め、そし集められたスウェルが高さ30mもの海水の山脈を作り出す。

 

View this post on Instagram

 

World Surf Leagueさん(@wsl)がシェアした投稿

ナザレの巨大波でのサーフィンワイプアウト動画は以下よりどうぞ!

ポルトガル ナザレでの衝撃ワイプアウト!5連発で押し寄せる巨大波



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

AKIKO

AKIKO

酒とサーフィンとトリップをこよなく愛する二児の母&主婦。ママになってからの方がサーフィン熱が上がってます。センスも技術もないけど波運だけはあります。
・blog: akikoba.xyz
・facebook: akiko.d
・Instagram: @akikobataito