『松田詩野』プロのプレッシャーを感じた1年。壁を乗り越え、勝てるようになった秘訣とは

ライター: WAVAL

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

松田詩野
Surfer: 松田詩野
Photographer: Teruo Horikoshi


プロサーファー 松田詩野 インタビュー

2016年7月 中学2年生の時にプロに転向。それから若くして困難を乗り越え、プロ2年目の2018年5月に開催されたQS一宮千葉オープンで優勝。12月に開催されるWJCワールドジュニア代表に選ばれるなどの活躍。2020年オリンピック日本代表選手として有力視される松田詩野(16才)。彼女のサーフィン感や勝つ秘訣とは!?

(WJCワールドジュニアについて:和井田理央、松田詩野が優勝!WSLアジア ジュニア代表が決定した『伊勢志摩プロジュニア』ファイナルデイ

W: WAVAL
S: 松田詩野

勝つ為の秘訣

W: サーフィンを始めたキッカケは?

S: 母がボディボード、父がロングボードをやっていました。母は葉山、父は山形 出身で、私は湘南で産まれました。茅ヶ崎のサーフィンスクールで入ったのがきっかけでサーフィンを本格的に開始。やっていくうちに両親はサポートに回ってくれるようになりました。

W: 試合の時にプレッシャーは感じる?

S: アマチュアの時は好きなようにやっていたけど、プロになってから昨年の1年目はプレッシャーで良い結果がなかなか残せませんでした。今はそれを乗り越え、自信がついて、今とても調子が良いんです。

W: 勝つ為の秘訣は?河村海沙コーチについて

S: 今、河村海沙プロにコーチについてもらっています。海沙プロはとても真面目だし、試合だけでなく練習も見てくれる。試合が無い時もサーフィン自体のアドバイスもくれるのでとても良いです。それで今年の一宮QSで優勝、試合で勝てるようになり自信が付きました。海に入ってポジショニングがわからないときにも指示してくれて、基本は自分が意思を持ってやってるけどアドバイスもらえるの心強いです。メンタル的には試合前に不安になる時もあるのですが、勝ったことを想像したりします。そしてストレッチとポジション確認を海沙コーチとして試合に挑みます。

勝つための秘訣はズバリ、自身を持つことと、優勝した時を想像してイメージを持つことです。

W: 逆に今の自分には足りないものは?

S: 日本の波には慣れていてやり易いけど、海外だと相手もうまいし、自分のやりたいようにできない。海外でも自分のサーフィンが出来るようになりたいんです。海外は波のパワーが強いので、そこに耐えられる筋力とサーフスキルが欲しい。今はパーソナルトレーニングで体を大きくするというよりは体の使い方やコアマッスルを鍛えるようなトレーニングをしています。もっと練習と経験を積んで行きたいです。

松田詩野

女性サーファーが上手くなるためのコツ

W: 今まで一番良かったサーフポイント

S: 海外だとカリフォルニアのローワーズ。サイズはそこまで大きく無いですが乗り易い。日本だと地元 茅ヶ崎パークが一番好きです。台風の時はそこだけ良い波が割れています。そんな時は混みますけど、いつも行っている場所なので普通に乗れます。私はカーヴィングが得意なのでカーヴィングがし易い波が好きですね。

W: 尊敬する人

S: タティアナ・ウェストン・ウェブ です。サーフィンスタイルが好きだし、グーフィーで一緒なので参考になるんです。サーファー以外だと、羽生結弦や、錦織圭とか。彼らはメンタル面が凄いと思う。

W: 羽生結弦と錦織圭は業界を超えて人気ですね…。サーフィン以外でハマっているものは?

S: サーフィンしないとき友達と遊んだりメイクとか。Tik Tok を見たり、インスタグラムは一番活用していて投稿もよくします。インスタは自分の試合結果や行ってる国とか、気軽にアップできて好きなんです。

W: 幸せを感じる瞬間

S: 優勝した瞬間、技が決まった時。美味しいものを食べてる時(笑)。お肉と桃が好きです。嫌いなものはありません。

W: 女性サーファーが上手くなるためのコツは?

S: 1番は楽しんでやること。あと上手な女性サーファーの動画見てイメージすることです。

W: 目標と、どんなサーファーになりたい?

まずジュニアの世界タイトルを獲る。オリンピックにでること。将来はCTにクオリファイしてワールドチャンピオンになりたい。人間としても成長して周りから憧れられるようなサーファーになりたいです。

W: white buffalo HYUGA PRO QS3000 に向けて

S: 自分をスポンサーしてくれているwhite buffaloの試合ですしもちろん勝ちたいです。日本でQS3,000という高いグレードの試合はなかなか無い。海外だと慣れてない部分があるので、日本開催のQSを大切にしたい。一昨年の日向QS1000では優勝した良い思い出があるのでそれをイメージしてやりたいですね。 日本開催の試合は少なくて、サーフィンやらない方でも会場は楽しいので是非観に来て下さい!


・日向プロについて→宮崎県日向市『お倉ヶ浜海岸』で国内開催 最高グレード『white buffalo HYUGA PRO QS3000』開催!
・視聴は→http://www.worldsurfleague.jp/2018/white-buffalo/live-jp.php

—–
松田 詩野(Shino Matsuda)
生年月日:2002年8月13日
インスタグラム:@shinomatsuda
長所:好きなことには集中できる
短所:朝に弱い(夕方練習が好き)
—–

Surfer: 松田詩野
Photographer: Teruo Horikoshi



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)