【流れを変えた】ジョン・ジョン・フローレンス/ステファニー・ギルモアが『2014サーファー・ポール・アワード』で1位に

ライター: Micky-G

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

米サーファー・マガジンの読者投票によりその年の人気NO.1サーファー を決定する『2014サーファー・ポール・アワード』の45回目の表彰式がハワイ、オアフ島ノースショアのタートル・ベイ・リゾートで2014年12月6日に開催された。

過去10年間1位であったケリー・スレーターや、新星ガブリエル・メディーナを抑え、なんと今回はジョン・ジョン・フローレンスが初のナンバー1を獲得。またウィメンズはステファニー・ギルモアがトップに返り咲き、貫禄の4度目のナンバー1を獲得。
※ジョン・ジョン関連記事:
・世界が注目しているジョン・ジョン 幼少期インタビュー&サーフムービー

ジョン・ジョン:
「1位なんて本当に嬉しい。ケリーは明らかに世界のベスト・サーファーであり、僕は彼を尊敬して来ました。なので自分が1位というのが本当に驚きです。ケリーには僅差ですがヒートで負け続けているので、これで流れを変えたいです。(笑)」
感動した表情の中にもユーモアを交えながら会場をわかせていた。ジョン・ジョンはサーフィンの新しい技術、スタイルを独自で創りあげている。流れが変わるのではなく、自分で流れを変えているように思える。だからファンは魅了され、今回1位になったのだろう。
ジョン・ジョンのサーフィンは観てて面白いのでファンが多いですよね。

その他、フリーサーファーであるデーン・レイノルズが6位に入ったのも驚き(デーン以外は全員WTサーファーでという中で)。インターネットの広がりにより、人気があればフリーサーファーも脚光を浴びる事が可能な時代になったのだなと。

表彰式の動画をどうぞ。

 

 

●サーファーポール・メンズ・トップ10
1. ジョン・ジョン・フローレンス
2. ケリー・スレーター
3. ガブリエル・メディーナ
4. ミック・ファニング
5. ジョディ・スミス
6. デーン・レイノルズ
7. ジョエル・パーキンソン
8. ジュリアン・ウィルソン
9. コロヘ・アンディーノ
10. タジ・バロウ
●サーファーポール・ウイメンズ・トップ5
1. ステファニー・ギルモア
2. サリー・フィッツギボンズ
3. カリッサ・ムーア
4. ココ・ホー
5. アラナ・ブランチャード
●ビデオアワード受賞者
・A.I.ブレイクスルーパフォーマー:ノア・ディーン
・ベスト・バレル:コア・スミス、スケルトン・ベイ
・ワースト・ワイプアウト:マイロン・ポーター、ザ・ライト
・ヘビーウォーター:グラント”Twiggy”ベーカー
・ベスト・ドキュメンタリー:サンダークラウド
・ベスト・ショート:チーズII directed by Noa Deane and Shane Fletcher
・ベスト・パフォーマンス:アルビー・レイヤー Albee Layer in Attractive Distractions
・ムービー・オブ・ザ・イヤー:ランブリング・イン・シャングリア directed by Joe G

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。