ローカルサーファーがビジターサーファーに発砲!ニュージーランド ローカルポイントで起きた銃発砲事件

ライター: surfpro

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

Taharoa,

サーフィンのローカリズム問題が引き起こした銃発砲事件

WAVALでも度々お届けしているニュージーランドのサーフィン事情。自然を愛するピースフルな人が多い場所ではあるのですが、今回はなんとローカルサーファーがビジターサーファーに拳銃で発砲するという事件が発生。今回事件があったニュージーランドのタハロア海岸(Taharoa)は、ローカルサーファーとその招待された仲間しか入れない招待制のローカルポイントでした。

・ニュージーランド北島のメジャーサフスポット ラグランの南に位置するローカルスポット タハロア海岸

父親とその友人、14歳の子供の3人がサーフィンしていたところ、ローカルサーファーが3人に向けて銃弾3発を発砲。1発目は近くで動物の狩をしていると思ったそうですが、2発目から近くなり自分たちが狙われていることに気が付いたそう。そして3発目は14歳の子の3~4m側を通り、3人は大声をあげてすぐに現場から逃げ、警察に通報したということです。

その地を守るためのローカリズムですが、殺人未遂事件にまでに至ると言うのは前代未聞の話ですね。度が過ぎた今回のニュースはローカルメディアから世界に広がっています。事件解明に向け、引き続き警察による調査が行われているということです。

記事参照:https://stabmag.com/surfers-shot



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

美容や健康に携わりたく、美容師、栄養士を経て独立。今まで転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、現在は投資と会社経営をしながら世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来るもの。人生サーフトリップ!