電気自動車会社の『テスラ』が200本限定でサーフボードを販売し即完売!機能が凄い!?人気の理由とは

ライター: surfpro

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフボード

 

宇宙ロケットやミニ潜水艦などなど斬新な製品を世に送り出すイノベーター集団、イーロン・マスクの電気自動車会社テスラ。今回なんとサーフボード『Limited Edition Tesla Surfboard』を販売!Lostの有名モデルMAYHEMとのコラボアイテムで、1本1,500ドル(約16.5万円)で200本限定販売。大人気の為かすぐに完売となった。

ボードデザインはテスラ車をイメージし、車同様のピカピカ光沢マット仕上げ。デッキの補強にカーボンファイバーとSグラスのハイブリッド材料「Black Dart」を採用。テスラの車、『Model S』『Model X』『Model 3』全モデルへの収納が考慮されているという。完全オーダーメイド生産となり納期は数週間かかる。

・ノーズやボトムにはテスラのロゴが。
サーフボード

過去にはドイツの自動車メーカー ベンツもサーフボードを開発した。この時は飛行機の翼の材料として使われるフレックスフォーム材をボード素材に採用。世界一のビッグウェイバーであるギャレット・マクナマラがベンツのボードで大波にアタック。ベンツの頑丈さをPRするというプロモーションが行われた。(詳しくは→ギャレット・マクナマラがメルセデス・ベンツ特注ボードで大波にアタック@ナザレ)

しかし今回はテスラだけに電動化されるのかと思いきや何もない、普通のサーフボード。なぜすぐに完売したのか?…

その理由は、皆さんも予想していたかと思いますがオークションサイトe-bayなどに絶賛出品中です。 しかも5,000ドル(約55万円)で!笑 転売目的というのも即完売した理由の1つかもしれない、ということであくまで参考に。

・e-bayに出品されているテスラのサーフボード。今なら5,000ドル(約55万円)で購入可能ですよ!



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!