千葉大原で開催された『日本障害者協会JASO』主催の第1回サーフィン体験会とは

ライター: nico

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン

今年は猛暑 40度を超えるなど全国で記録的な暑さを迎えてますが、千葉エリアでは海水が冷たく、7月後半でも3mフルースーツを着て入水。いつになったら水着でサーフィン出来るんでしょうか?そんな冷たいコンディションが続く中 千葉県のサーフポイントを代表する大原で日本障害者協会JASO主催のサーフィン体験会が行われました。

■どんな方が指導してくれるのか?

今年5月に行われた日本初となる、アダプティブサーファーの大会の模様を記事にしましたが(詳しくは→千葉県太東海岸で開催された、日本初の障害者サーフィンエキシビジョンマッチとは)、今回そのJASOが主催するサーフィン体験会を、普段から障害を持つ方へサーフィン指導をされているインストラクターの中谷正義さん(インスタグラム@surfclassic01)を迎えて開催されました。

サーフィン

中谷さんは毎週、日曜日このような体験会を行っているそうで、10時から夕方まで、参加者が「もう帰ります!」というまで、
びっちり教えてくれるそうです。中谷さんの熱意を感じます。脱帽です。

なお、余談ですが中谷さん、レッドホットチリペッパーズのボーカル、アンソニーに少し似ていて雰囲気のある方でした。

■会場にはどんな方がどうやって集まったのか?

サーフィン

サーフィン

今回、初めてサーフィンをする方もいれば、今まで何度か中谷さんの指導を受けている方など、様々でした。中谷さんがこのようなアクションを続けている中で、お手伝いをする方も集まっています。近所の中学生の女の子二人は、毎回ヘルプに来ているようで、サーフボードを浜辺まで持って行ったり、車椅子を押したりするなど、砂浜を裸足で歩くと火傷しそうなほど、炎天下の中でも楽しそうにお手伝いしていました。 BIG HELP心強いですね !!!

この中谷さんは普段、体験会の募集について、SNSなどでは積極には行ってなく、ほぼ口コミで広がっているようです。それは「多くの方の参加は嬉しいけど、集まりすぎても限界があるので今は口コミで繋がって行く事を大切にしています!」と、現状を、お話してくれました。確かに一点集中よりは広い範囲で、小さな開催が沢山ある方がサーフポイントも占拠せずに行えるので、他のサーファーへの配慮も考慮して各地で行うことで、多くのサーファーにもこの活動を認知してもらえる。そんな期待も膨らみますね。

中谷さんのように活動をしてくれる方が各地で増える事を祈りますが、今回、JASOと共に開催した事で、これから広がって行って欲しいです。

■どんな方がサーフィンにチャレンジしたのか?

サーフィン

体験会では、車椅子で自力で立てない方や、発達障害の方など様々でした。板の上に立てない方でも、サーフボードを中谷さんにボードを押してもらってボディーボードのようにして波に乗ったりし、気持ちいい!と、波乗りの楽しさを感じていました。中にはサーフィン経験者で、義足をつけてサーフボードに乗る方もいて、初めてのサーフィンで、義足を外して片方の足だけ
チャレンジする方もいました!

まずは、浜でテイク オフのレクチャーを受けていましたが、家の柱のような安定感で、片足でしっかりとサーフボードの上に乗っていました。そして、汗をかくほどレクチャーを受け、いざ海の中へ!!!浜から海に行く時はサーフボードに寝た状態となって、中谷さん含め数人で沖の方へ向かいます。

波のうねりが来たらタイミングを見て板をプッシュ。数秒ですが、片足でしっかりテイクオフが出来ました!海に落ちてしまった後、どうなるかと思いましたが足がつく場所であれば、体験者はけんけんしながら、直ぐにサーフボードを取りに行ってまた沖に向こうとします。

海の中では、海水を飲んでしまったり、砂が耳の中に入ってしまったりが当たり前。最初はそんなところにキャーキャー驚くものですが、早く次の波に乗りたい ! そんな気持ちが伝わってきました。その後も、なんどもなんどもテイクオフのチャレンジをしてました。

今回、JASO主催の体験会の見学&少しだけお手伝いをさせて頂きましたが、本当に「波に乗りたい」と思った人達が集まった体験会なんだなぁ〜と、思いました。「波に乗りたい」はすべてのサーファーが思うことで誰にでも波に乗る権利はあるんです。朝起きてから波乗りをするまで、超えなければいけない、いくつもの壁があるかもしれませんが、これからその壁がもっと低くなる事を期待しています。これからもJASOの活動にも注目しつつ、またレポートします!

私nicoがMCをつとめるJPSA第3戦がAbemaTVで生中継されます。是非ご覧ください!→
台風12号『ジョンダリ』到来!『JPSA2018ショートボード第3戦 田原オープン 白熱の生中継』

<nicoのサーフィンについてのお問い合わせ>
・メール問い合わせ:surf@321lab.com
・nicoのinstagram:@nicostagramtokyo
・nicoのTwitter:@2010nico



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンMC

nico

10代の頃から世界の海をサーフトリップ!NSA C級公認ジャッジ取得。J-WAVE、Ameba TV ヨコノリチャンネルのナビゲーター、MCとして、広くサーフィンの楽しさ魅力を伝えています。音楽、ファッション、フード、スポット、さらにプロサーファーの素顔など、僕の目線で感じたサーフカルチャーをお届けします!
サーフィンに関してのお問い合わせ→ surf@321lab.com