オーストラリアを拠点とする日本人サーファー『飯田航太』のシメルー島サーフトリップ

ライター: shinji_dog

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

飯田航太 自身が編集したインドネシア シメルー島 サーフ映像

ノリにノッている関西出身の若手サーファー飯田航太 20歳。キッズ時代の飯田航太は、西日本のサーフィン道場 四国に拠点を置きサーフィンに励み、高校進学はオーストラリアのゴールドコーストへ行き卒業後、映像制作や編集を学ぶためオーストラリアの大学へ進学しました。

今回はその彼自身が編集を手掛けたインドネシア シメルー島での最新ショートクリップ『Trainman』をご紹介。本人によるGoProでの水中撮影と、現地カメラマンによる水中アングル、そして彼のスポンサーであるHRS SURF SHOPの HrsTVによる陸からのアングルを交えた、飯田航太のかっ飛びサーフィン映像となっています。

ボールカットというヘアスタイルが似合う個性的なKota

彼らがシメルー島にステイした約1週間という短期間でこれだけの波を当てるということは、それだけこの島のポテンシャルが高いということ。私自身も2年前の9月頃にニュージーランドの友達たちとシメルー島に10間ステイしたのですが最初の4日間はサーフボードがインドネシアの国内線、北スマトラ島のメダン空港から届ずでした。その4日間は現地のサーフキャンプサイトでサーフボードレンタルするハメに 笑。ハードケースの中にサーフィン道具を全て入れていたので大変ではあったものの、波は毎日島中でパンピングな波が割れていましたので全く苦痛ではありませんでした。またいつかゆっくり訪れたい場所の1つです。

彼のサーフィンスキル、特にオーストラリアや四国で培った彼のバレルスキルは半端じゃないんです。ハイパフォーマンスなショートボード以外にもシングルフィンやツインフィッシュなども乗りこなすスタイルある彼にこれからも大注目!まだまだ若い彼にこれからも目が離せません。また今月発売のサーフマガジン Blue.Vol.72 に彼らのシメルー島の記事 -Follow Your Heart- が掲載されていますのでそちらも合わせて要チェック!

Blue. (ブルー) 2018年8月号 Vol.72,より

オーストラリアに住む 飯田航太 のインスタグラム @Kota iida とニュージーランドに住む私の@shinji_dogもフォロー宜しくお願い致します!では期待の新星、飯田航太 編集作品をお楽しみください。何度も観たくなること間違いなしですよ!



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

shinji

shinji_dog

オーストラリア、インドネシア、フィジーを旅をし、ニュージーランド北島にあるマウントマウンガヌイに移住する。永住権を取得しサーフィンライフを通してここマウントマウンガヌイをベースにニュージーランドの魅力を伝えていけたらと思います。 ニュージーランドでの日常をこちらインスタグラムにアップしていますので 是非フォロー宜しくお願い致します!!→@shinji_dog