カリブ海に浮かぶ熱帯の島『バルバドス』のスケートシーンとは

ライター: WAVAL

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

“サーフィン”

スケートボードカリブ海 西インド諸島 バルバドス

『マイク・バレリー』DRIVEシリーズ バルバドス島 編

サーフィンカルチャーと密接にリンクしているスケートボード。今回はスケーターでも、そうでなくても存分に楽しめるお勧めフィルム「DRIVEシリーズ」ご紹介。プロスケーターマイク・バレリー(Mike Vallely)が世界を旅して、自分のルーツであるスケートボードを通じて様々な人種の様々な人生観に触れていく。観る人に感銘や気付き、新たな力を与えてくれるドキュメンタリーフィルム。

マイク・バレリーはスケードボードスキルだけでなく、カルチャー、スタイル、バリュー…スケボーカルチャーの裾野を広げるため、プロの自分にできることを突き詰め、高く広い視点でスケートボードと正面から向き合うカリスマ的プロスケーターだ。*マイク・バレリーとは

スケボーの神トニー・フォークや南アフリカの子供たち、障害を持つスケーター…様々な立場のスケーターとスケボー&トークセッションを繰り広げる。兎に角この作品を観たらすごく影響を受けるだろうし、スケーターでなくても新たなインスピレーションを受けるはずだ。今回は数あるエピソードの中で『DRIVEシリーズ#13バルバドス編』のサマリーをご紹介!

カリブ海 熱帯の島『バルバドス』のスケートシーン

今回はマイク・バレリーがバルバドスを訪れ、この地の重鎮ともいえるローカルスケーター ポール・ウィルソンとバルバドスのスケートシーン、成り立ちについて語る。

・AbemaTVスポーツCh無料放送
6月24日(日) 18:00〜19:00
→︎マイクバレリー主演DRIVEシリーズ #13~14

・バルバドスのスケートシーン

カリブ海に浮かぶ熱帯の島 バルバドス。バルバドスではスケートボードよりクリケットの方がメジャーだが、スケボーは20-30年前から密かに行われている。

・スケートボードはあらゆる境界を取り払い、人々を1つにする

「スケートボードは自己表現。根本的に個人で追求するものでチームもコーチもルールもない。何でもありの世界だ。でも孤独な探求ではなく、経験を十分に共有できる。自分を知ることもでき、仲間との繋がりもできる。地元から世界へ広がる。自分も世界中のスケーターと友達になり一緒に滑った。スケートボードはあらゆる境界を取り払い、人々を1つにする。1人1人が自立しつつも互いの繋がりも強まる。」

スケートボード

・スケートボードは俺の生きがいだしそれを見せている

「 皆がスケボーをやる理由を提供する。皆がなごめて1つになれる場所を提供できた。ボードに乗っている時はどんな技ができるかとか関係なくて、誰もが同じスケートボーダーなんだ。」「スケボーがなければ僕は死んでいるかもしれない。俺の生きがいだしそれを見せている。」バルバドスでスケートショップを運営するポール・ウィルソン。どこでもランプを設置できる移動式スケートパークや、バスにボードを詰め込みロードトリップに出かけるという全島で行う独自のスケボーツアーも主催し、行動や多様な地形を滑る楽しさや自由を教えている。

「憧れの存在がなければ子供達はスケボーやらない。見せてあげてくれ。」

ポール・ウィルソンと移動式スケートパーク

・スケートボードの未来の為に必要なものとは

「スケートボードの未来は気まぐれな横並びのプロや、収支を気にする業界からの商品提供には頼らない、新世代のためにスケートボードを成長させようと、情熱を傾ける個人の手にかかっている。無視無欲でシーンを支える、人の輪に繋がる真のアンバサダーだ。」

*DRIVE Episode 13 マイク・バレリー コメント

今回AbemaTVスポーツChで『マイク・バレリーDRIVEシリーズ』が無料放送される。この機会をお見逃しなく!

『マイク・バレリーDRIVE』無料視聴

*6月24日(日) 18:00 〜 19:00
マイク・バレリーDRIVEシリーズの無料視聴は
・AbemaTVスポーツCh→︎マイクバレリー主演DRIVEシリーズ #13~14


●マイク・バレリー(Mike Vallely)とは:

1970/6/29生 ニュージャージー州エジソン出身。1986年にPowell Peralta(パウエルペラルタ)に才能を見い出されアマとしてスポンサー契約を結ぶ。翌年の1987年にはプロスケートボーダーデビューを果たす。その後ロドニー・ミューレンらが立ち上げたワールドインダストリーに移籍。その後もニューディール、TVスケートボード、パウエル、ブラックレーベルと様々なチームを渡り歩き、現在は自身のスケボーブランド『STREET PLANT』を立ち上げている。バーティカルランプのトリックを、身近な路上でのスケートスタイルに持ち込み進化させストリートスタイルというスケートボードの新たなスタイルを創った。SK8以外に俳優、音楽バンド、プロレス、プロアイスホッケーなど多彩な経歴を持つ。



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)