【サーフィンの基礎理論】上達への近道 ドジ井坂ジャパンメソットイラスト解説

ライター: ドジ井坂

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

サーフィン 基礎

ドジ井坂です。前回の【サーフィンの基礎理論】上達への近道『一本の軸』からの続きです。これからサーフィンを始めたい、今までのリセットしたい方には、誰にも分かりやすい一本の軸が真ん中に来るための基礎理論を共有して、まず基礎理論の『一本の軸』をトレーニングすることが良い方法だと思います。

イラストを利用した解説

サーフィンのバランスを解説したシートがあります。学童保育や子どもイベントで、漢字が読めない低学年にも対応できるように「ルビ」を入れたテキストです。このテキストを読みながらこの基本の動作体験してみてください。子どもたちは5〜10分で必ず正しい答えを出してくれます。イラストとその説明を読んで試してみてください。

サーフィン 基礎
学童保育や子どもたちのバランス体験で使用するテキストです。

上の図の ⑤−1 手を置く位置を体験しよう。この⑤はいろいろなプログラムの⑤番目ということですので気にしないでください。バランスキューブの上に腹ばいになってボードに乗った時、あなたはボードのどの辺にに両手を起きますか? (A. 頭より前、B. 肩から胸近く、C. おへその近く)のうちどれでしょう?

答えは…、静止している状態ではわかりにくいので、下の図のようにボードを上下に波のうねりや風波をイメージして揺すってみてください。ボードの下にクッションなどを中心に置いてやってみてください。このボードが上下に揺れる条件では、一番安定していると感じるのは、圧倒的にC(おへそ近く)なのです。

AやB でも安定していると答える方が時々います。これは上半身を思いっきり反るか、全身に力が入っているために感じられないのです。そのような方には少し大きめに上下に揺するととんでもないバランスであることがわかります。ボードに腹ばいで乗るときは、腰の脇に手首を接触させて中心であることを身体と手を通じて感じるルーティーンとして、正しい方法へ修正するトレーニングになります。

実際にバランスキューブの上ボードに腹ばいになって体験していただくと、その違いは歴然としています。サーフィン未経験のパパやママもその理論を理解できます。そして基礎理論は、パドリングにもテイクオフにも通用します。

サーフィン 基礎白浜CUP で基礎理論トレーニングのアドバイスを実施した時に、お子さんの指導のために、頭の前に手を置くバランスと、腰の横脇腹に手を置くバランスを体験していただきました。今までの癖(間違った軸)と基礎理論の軸の違いは理解していただけたと思います。

サーフィン 基礎
両手を腰・脇腹に周りに置くと、バランスキューブ上のボードを上下に揺すってもボードと身体は安定しています。

サーフィン 基礎
初心者女子大生にも体験していただきました。いままでなんとなくやっていたことが間違っていたことが分かったそうです。基礎理論の一本の軸を早く見つけるためにトレーニングが楽しくなります。

※Youtubeの dojiisakaのチャンネルに、基礎理論のトレーニングや実証実験の様子をアップしていますのでご覧ください。

また正しい理論に基づいた陸トレーニングは、ドジ井坂が開講している夜のトレーニング講座やクリニックで体験できます。※トレーニングスケジュールと参加はこちら▶︎ beachschool.com から。初めての方もお気軽にお問い合わせ下さいね!



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

ドジ井坂

ドジ井坂

ドジ井坂です。 全日本プロサーフィン選手権初代チャンピオン。日本人初の世界選手権出場、シェイパーとしても活躍し、1968年から世界のサーフィンを実体験し、40年以上にわたる指導経験から、入門書など多数。そのサーフィン基礎理論は、身体の動作研究にも及び、海のスポーツ特有の理論研究とそのトレーニング用具開発に進化している。

東京オリンピックに向け、サーフィンのトレーニングにスケートボードも導入し、日本人に適した動作感覚とバランスのシュミレーショントレーニング「ドジ井坂ジャパンメソッド」の普及活動を始めた。

もっと気軽にビーチを通年活用していくためのコミュニティ活動「ビーチクラブ構想」を国土交通省支援の下に立ち上げ全国13箇所で展開、一般社団法人ビーチクラブ全国ネットワーク理事長。海岸の様々な利活用に関する神奈川県や千葉県、地方自治体の委員を歴任。海や海岸のジャンルをも飛び出してしまう超マルチな活動を今も精力的に展開。1948年神奈川県茅ケ崎市生まれ。の今は「海オヤジ」。 ドジ井坂が開講するトレーニング講座はこちら!お気軽にお問い合わせ下さい→beachschool