千葉一宮出身コンビ『田中英義 & 大原洋人』による雪の千葉北 極寒サーフ!

ライター: WAVAL

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

田中英義 & 大原洋人

2020年のサーフィンオリンピック会場である、千葉県一宮出身の田中英義 & 大原洋人。雪の日の極寒の千葉北…田中英義は朝8:00から入水。大原洋人は午後から合流した。

朝8:00の志田下は低気圧ウネリでサイズアップするもクローズ気味で厳しい状況だった。それでも田中英義は「それでもやります!」と言って入水。何度もチューブにトライするもなかなか抜けれず…。1時間が過ぎ、フィルマーのDeltaforceも寒さに耐えきれず終わりにしようと英義へ手で合図を送った直後…男、田中英義がこの日1番のチューブを抜けた。

田中英義 & 大原洋人
極寒クローズ気味コンディションでチューブを抜ける田中英義

午後から大原洋人が合流した頃には波も整い始めた。極寒サーフを終え、大原洋人は「頭キンキン」。田中英義は「体がバキバキ」だったとコメント。これぞ一宮魂というDeltaforceによる『田中英義 & 大原洋人』雪の日の千葉北 極寒サーフをどうぞ。動画前半が午後、後半が朝の映像となります。

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL

WAVAL

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)