五十嵐カノア ポルトガルでの超クールなサーフィン映像

ライター: surfpro

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

2020年東京オリンピック、サーフィン日本代表選手に1歩近づいた五十嵐カノア(詳しくは:五十嵐カノアが2020年東京五輪 日本代表に向けたサーフィン強化指定選手に内定) 。日本らしく歴史もある、調布の深大寺に祖父のお墓があるなどと聞くと親近感湧きますね(【カノア五十嵐のルーツ】ドキュメンタリー動画#GoodLuckKanoa)。

今回の強化指定選手内定リリースとほぼ同時期に出たサーフィン映像をご紹介。ロケ地はポルトガルのCoxos(カークス)。ポルトガルと言えばWCT会場にもなるペニシェや、BWT(ビッグウェイブツアー)の会場となるナザレなどが有名なサーフィンのメッカ。ここCoxosはペニシャやナザレを南下した場所に位置し、同様に北大西洋に面したポルトガル西沿岸である為いいうねりを拾っています。20才でCTサーファー3年目。大人の魅力も出てきたカノアの、スタイリッシュでクールタッチなサーフィン映像をどうぞ。

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!