スリランカの人気サーフスポット近くでワニに襲われ死亡する事件発生

ライター: surfpro

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ワニ・人気サーフスポット近くの事件発生現場

今回、一般客がワニに襲われ死亡する事件が発生した。過去にサーフィン中にワニに襲われるクロコダイルアタックも発生しているためサーファーも十分注意しておきたい。

・関連記事:サーフィンのメッカ コスタリカでサーファーがクロコダイルアタック被害

友人たちと休暇をスリランカで過ごしていた英経済紙ファイナンシャルタイムズのポール・マクレーン記者(25歳)が、水辺で手を洗っている際にワニに襲われ死亡した。目撃者によると、ワニが両手と両足を振り回して抵抗する男性を水中に引きずり込んでいたそう。

今回事件が起きた場所は人気サーフスポット近くとなるエレファント・ロックのラグーン。目撃者の1人によると「自分が知る限り、スリランカのワニが人を襲ったのを聞いたのは初めて。ここには観光客や地元民が訪れる場所でビーチは喧騒から離れ、安全な場所とされている」という。

海外の自然に囲まれたサーフスポットではワニが出没する場所も多くある。その場所がどういう場所なのか、事前に確認してから立ち入るなど、サーファーも十分気をつけておこう。例えば海外でのサーフキャンプなどでは注意が必要だ。日本ではあまり聞きなれない事件だが、海外ではサメのみならずワニにもご注意を。被害者のご冥福を心よりお祈りします。

記事参考元:
stabmag.com/news/
http://www.telegraph.co.uk/news/


"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、今は会社経営をしつつ世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来る。人生サーフトリップ!