バイロンベイに移住してシェイパーとなったサーファーの物語

ライター: shun

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark


Photo by @keitaikawa

「スケートボードの文化に魅了され、スケートボードで友人と好きな場所を行き来した。自由を表現するための最初の手段だった。ある頃から友人の1人がサーフィンを語るようになった。僕が16歳の頃だった…」

今回皆さんにお届けするサーフィン動画は、世界各国で行われているサーフフィルムフェスティバルにて上映されてた”MASA”という1人の日本人ソウルサーファーについてのものだ。


Photo by @keitaikawa

世界有数の大都市”TOKYO”で生まれ育った”MASA”こと矢口昌克@masa_espがサーフィンに魅せられ、世界的にヒッピーカルチャーやサーフカルチャーが有名なオーストラリアにある小さな町”Byron Bay“に移り住む。彼のサーフィンに対する飽くなき情熱は、何時しか自らサーフボードをシェイプするまでのものになっていった…というものだ。

「サーフボードを作ること。それはサーフィンを深く理解することと同時に、自分が思い描くサーフカルチャーを想像して表現する手段。自分にとってサーフィンは情熱そのものであり、その情熱を具現化するための手段なのです。今ここにいる僕を作り上げてくれたこの文化に貢献する、僕なりの方法なのです。」…なぜバイロンに移住しシェイパーとなったのか。サーフィンへの情熱、情熱の具現化と自分を作り上げた文化への貢献。MASAの情熱が自然と胸に染み込んでくるかのようなこちらの動画をゆるりとご覧ください。

Instagramでオーストラリアの海や自然などの写真を中心に、私の海外生活の日常などをアップしていますのでフォロー宜しくお願い致します!Instagram→w.n.s_fam

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

shun

shun

オーストラリアのバイロンベイへ日本人のいない環境を求め、世界中の旅人達と共に約1年間のバックパッカー生活を経験した後に移住。サーフィンや釣りを通じてオーストラリアの大自然に強くインスパイアされ、遂にはアパレルブランド"Adventure"を立ち上げた。他にはYouTubeにて釣りをメインにサーフィンや海外生活ならではの動画を配信と多方面にて活動中。
・YouTube:日豪釣りチャンネル/FISHING IN AUSTRALIA
・日々の波、海、サーフィンメインのInstagram: @w.n.s_fam