ケリースレーター優勝!WCTメンズ2016第7戦ビラボンプロタヒチ

ライター: surfpro

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ケリースレーター優勝

タヒチのチョープーで開催されていたサーフィン世界大会WCTメンズ2016第7戦ビラボン・プロ・タヒチ(Billabong Pro Tahiti)。

ケリー・スレーター(44歳)が本大会中、パーフェクト10を4回もスコアして圧巻の優勝を飾った!ファイナルはケリー・スレーター対ジョンジョン・フローレンスという誰もが待ち望んでいた絶好の対決に。


本大会、終始絶好調だったケリー・スレーターの優勝までの軌跡を、後半戦から簡単にハイライトで。そして大会ファイナルのハイライト動画をどうぞ。

【Round4】
ケリーが10Pライドで逆転するもブルーノ・サントス(BrunoSantos)(BRA)がまたすぐに逆転。ブラジリアンサーファーの底力を見せつけられる。ギャラリーも大盛り上りのスーパーヒートは激戦の末、ケリーが敗れる。
ケリースレーター3

【Round5】
キアヌ・アシン(KeanuAsing)(HAW)戦では20Pパーフェクトスコアを叩きだす!ケリースレーター2

【Quarterfinals】
ここでもパーフェクト10を叩き出しブルーノ・サントスへのリベンジに成功。
ケリースレーター4

【Final】
フリーフォールドロップからのチューブライドで9.17Pをスコアし、ジョンジョン・フローレンスをコンボに追い込む。その後更に駄目押しの9.9Pライドでそのまま優勝!55回目の優勝となった。ケリースレーター

ジョンジョンへ目の前で見せつけた『Kelly Slater Air Drops for a 9.17』。これには会場、大興奮の渦。本大会ではケリーだからこその荒技の数々を見せつけた。

ケリースレーター4

ケリースレーター3

ケリースレーター5

ケリースレーター (1)

ケリースレーター6

・『Kelly Slater Air Drops for a 9.17』

・優勝が確定し、最後のライディングでガッツポーズで決めるケリー。
緊張感の続くハイレベルなトップツアー…優勝が決まる瞬間はいつ観ても感動的。ケリースレーター優勝

ジョンジョン・フローレンスがランキングトップに!

そして遂に今回ファイナルまで進んだジョンジョン・フローレンスが、前半独走状態だったマッド”ウィルコ”ウィルキンソンを抜きトップに!自身初のワールドタイトル獲得の可能性も高まってきた。そのすぐ後をガブリエル・メディーナも追っている。この熾烈な優勝争いから目が離せない!

サーフィン WCT

・Highlights: Finals Day in Tahiti

大会詳細はこちらBillabong Pro Tahiti

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

セミプロサーファー

surfpro

美容や健康に携わりたく、美容師、栄養士を経て独立。今まで転職、投資、事業で数々の失敗を繰り返し、現在は投資と会社経営をしながら世界を旅している。投資とは自分に対ししていれば後々全て戻って来るもの。人生サーフトリップ!