ガブリエル・メディーナのバックフリップ10点ライド@オイ・リオ・プロ

ライター: Micky-G

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ガブリエルメディーナ3

ブラジル、リオデジャネイロで行われているWCT第4戦オイ・リオ・プロ(Oi Rio Pro)。大会3日目は、グルマリからバーハ・ダ・チジュカ(Barra da Tijuca)に移動して開催。本大会は大御所選手の欠場が多く、11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーターのほか、ジョエル・パーキンソンカイ・オットンなどが欠場。欠場理由は水質汚染による体調不良や波質、治安など色々言われています。その他にも引退表明しているタジ・バロウ(5戦目のフィジープロを最後に引退宣言済み)、セミ休暇宣言しているミック・ファニングもいないという本大会。

大会出場選手を数えてみると、参加数35人中ブラジリアン選手が14人と全体の40%を独占!半分ブラジリアンの大会になっています。笑

ブラジリアン以外のニュージェネレーションでは、マーギーズプロで大活躍しリプレイスメント出場のレオナルド・フィオラヴァンティや、怪我から復帰の実力派ヤングガン、ジャック・フリーストーンなど注目のニューカマーが多く、今後のサーフィン界を垣間見れるある意味楽しみな大会なのです。

そしてこの決して良いとは言えない波を1流選手たちがどう乗りこなすのか注目です。そんな中、ガブリエル・メディーナがダブルグラブバックフリップを決め、本大会最初のパーフェクト10を叩き出しました。

さすが2014年ワールドチャンピオンのガブリエル・メディーナ。WCTコンテスト中でのバックフリップは初ということでこの1発でパーフェクト10。メディーナのほぼ勝ちの優勢な状況で進んでいたのですが、本戦でこの大技を出すとは、観ている方もびっくりでしたね。サーフィンはどこまで進化するのか?異次元のサーフィン動画をどうぞ。

・ガブリエル・メディーナ『ダブルグラブバックフリップ』パーフェクト10

カノア五十嵐は、なんとジョシュ・カーに勝利して次にコマを進めています。ルーキーにして4戦連続1コケ知らず。素晴らしい勝負強さです。

・『五十嵐カノアVSジョシュカー』ダイジェスト動画


・ガブリエル・メディーナ『ダブルグラブバックフリップ』
ガブリエルメディーナ
ガブリエルメディーナ2
ガブリエルメディーナ3
ガブリエルメディーナ4
ガブリエルメディーナ5

・オイリオ・プロのイベント詳細はこちら
http://www.worldsurfleague.com/events/oi-rio-pro
http://www.worldsurfleague.com/events/oi-rio-womens-pro

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。