ジョシュ・カーのアーリーウープ@ケリー・スレーター新ウェイブプール

ライター: Micky-G

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

ジョシュ・カー

ケリー・スレーターが新ウェイブプールプロトタイプ完成発表を2015年12月に行い、2016年5月にWCTサーファー達(五十嵐カノア、ナット・ヤング、カリッサ・ムーア、ウィングナット、ステファニー・ギルモア)がテストライドを行いました。

●詳しくは▶︎
カノア五十嵐らがケリー・スレーター新ウェイブプールでテストライド
ロングボードでのテストライド動画@ケリー・スレーター新ウェイブプール

そして今回、WCTサーファージョシュ・カーがテストライドにトライ。さすがビッグウェーブ、エアー、レールサーフィンとバランスよくマルチにこなすジョシュ・カー。1本の波で綺麗なレールサーフィン、チューブライド、エアートリック(アーリーウープ)を次々に繋いでいきます。

●ジョシュカー関連記事:時代の先を行き過ぎたジョシュ・カーから学ぶ

ジョシュ・カーのアーリーウープ動画@ケリー・スレーター新ウェイブプールは以下よりどうぞ!

ボディサーフィン+ダイジェスト動画@ケリー・スレーター新ウェイブプール

ケリー・スレーター@ケリー・スレーター新ウェイブプール

サーフィンのエアリアル・アーリーウープとは

空中を飛ぶサーフィンのエアートリック(エアリアル)。そして今回のアーリーウープ(Alley Oop)とは、エアーしながら岸の方向に回転する技で、360度回転するとフルローテーション アーリーウープと言ったります。

その他、今や多くの種類のエアートリックがあります。

・エアリバース(AirReverse)
アーリーウープと逆で、エアーしながら沖の方向に回転する技。360度回転するとフルローテーション エアリバースと言ったります。

・ストレートエアー(StraightAir)
空中をストレートに飛ぶだけのエアー

・フロントサイドグラブ(FrontsideGrab)
エアー中に板をつかむ技

・ダブルグラブ(DoubleGrab)
エアー中に両手で板をつかむ技

・リーングラブ(LienGrab)
エアー中に前の手をかかと側のノーズ近くをつかむ技

・スーパーマン(Superman)
エアー中に両手で板をつかみ、ボードを足から離す技

・スロブグラブ(SlobGrab)
エアー中に前の手で、つま先側の足の間をつかむ技

・ステールフィッシュ(Stalefish)
エアー中に後の手で、かかと側の後足の少し前をつかむ技

・ロデオフリップ(Rodeoflip)
バックサイドでエアー中に両手で板をつかみ、縦回転に横回転を入れる3D回転エアー
(ロデオフリップ動画:【動画(16秒)】ジョン・ジョン・フローレンスの華麗なロデオフリップ@パイプライン

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

サーフィンライター

Micky-G

趣味はグレイシー柔術、サーフィン。『サーフィンのことを、誰にでも分かり易く』独自視点で執筆、編集を行うサーフィンライター。