メイソン・ホーの超キケンな岩場チャージにドキドキのサーフムービー

ライター: ario

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

リスク上等!一流のプロとは何たるか

ガブリエル・メディーナ、オーウェン・ライト、マット・ウィルキンソン、そしてメイソン・ホー。リップカールが誇るエリートライダー4人がファンサイズのノースショアに集結しフリーサーフする。そのエキサイティングなクリップ、「One day in Hawaii」がこちらである。

冒頭1発目にガブリエルが見せるバックフリップは超プログレッシブだし、最近コンテストではエアをほとんどやらないオーウェンやウィルコが飛びまくるレアな映像もいい。しかし、特筆すべきは2’45”から始まるメンバー唯一のレギュラーフッター、メイソン・ホーのパートだ。そこはワイプアウトした瞬間怪我決定というぐらいシャローな、岩むき出しのインサイドチューブセクション。ゲッティングアウトもデンジャラスな場所なのだが、メイソンはGoProをくわえたまま危険なチャージを繰り返す。

本人はいたって涼しい表情を浮かべているが、見ているこちらはハラハラドキドキしっぱなし。まさに「Risk Everything(リスク上等)」。これはナイキの広告コピーにあった言葉だが、一流のプロとは何たるかを思い知らされるクリップである。



メイソン・ホー

メイソン・ホー2

メイソン・ホー3



あわせて読みたいメイソン・ホーの記事

メイソン・ホー関連記事

"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

ario

ario

オウエン・ライトの身長とロブ・マチャドの髪質を授かったが、残念なことにレギュラーフッター。三人の娘を育てながら、日々サーフライフバランスの実践を模索中。出没ポイントは千葉一宮。