ブーメランパンツを履いた2人がタンデムサーフィンに挑戦@パイプライン

ライター: Jay

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

パイプラインのヒーローであり、ブーメランパンツのシュールな出で立ちでタンデムサーフィン(2人乗りサーフィン)に挑むというおバカなサーファーはやはりこの人、ジェイミー・オブライエン(Jamie O’Brien)。”JOB”ことジェイミー・オブライエンとレッドブルがタッグを組んだオモシロサーフムービー企画『Who is JOB 5.0』からの一幕。

パイプラインのパワフルなビッグウェイブにで体格の良い男性2名がタンデム・サーフィンに挑戦するというのは中々無茶な挑戦。プリッとしたお尻をコチラに向けながら何度もワイプアウトする姿には思わずクスっと来ます。百聞は一見に如かず。サクッとご覧になりたい方は1:38頃からご覧ください。

タンデム・サーフィン以外の見どころとして、6:58からはスキムボードをお尻でコントロールする、言うなれば「シッティングスタイル」での波乗りがあげられます。

ボディボードの正反対ともいえるそのスタイルはお世辞にもカッコいいフォームとはいえず、ワイプアウトしかけるとお尻から転がるような不格好なものですが、それでもチューブライディングをキメてしまうあたり、懐の深いサーフィンスキルを実感せずにはいられませんね。

あわせて読みたい記事

【おバカ動画】ジェイミー・オブライエンのファイヤーサーフ、まさにクレイジー@チョープー

「魅力」溢れるサーファー”JOB”に学ぶ5つのコト

【美技】アクロバティックな二人乗りサーフ「タンデムサーフィン」がとっても華麗!


"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

Jay

Jay

20代♂。OAKLEYのアイウェアをコレクト中。最近のイチオシアーティストはKendrick Lamarと水曜日のカンパネラ。