岩見天獅と脇田紗良がインドで初開催されたWSLイベントのQS3000で歴史的優勝を飾る

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

岩見天獅と脇田紗良がインドで初開催されたWSLイベントのQS3000で歴史的優勝を飾る
優勝した岩見天獅と脇田紗良 Photo by WSL/Tim Hain

インド、タミル・ナードゥ州、マハーバリプラムビーチで3フィートの波で開催された、インド初のWSLイベント、ワールド・ サーフ・リーグ(WSL)クオリファイング・シリーズ(QS)3,000 第1回『タミル・ナードゥ・インターナショナル・サーフ・オープン』が終了。日本の岩見天獅と脇田紗良が、WSLイベント初開催となったインドで歴史的優勝を飾った。


男子:1位 岩見天獅、2位 キアン・マーティン、女子:1位 脇田紗良、2位 松田詩野。Photo by WSL/Tim Hain

岩見天獅が残り50秒から大逆転。嬉しいQS初優勝を掴む

2024 WSLチャレンジャー・シリーズへのクオリファイを目指し挑んだ岩見天獅は、イベントを通し好調にファイナルに進み、キアン・マーティン (スウェーデン)と対戦。マーティンは試合の流れを掴み序盤からミッドレンジのスコアを連発。後半残り8分でもカットバックからローテションエアーでしめて7.20をスコアし更に差を広げる。

岩見が残り6分に7.55をスコアして差を縮めると、マーティンは岩見にピッタリとマークに付く。終了残り50秒で2つのセットが来るが、1本目の波に岩見が乗るそぶりを見せると、プライオリティを持ちブロックを狙ったマーティンを先に乗せる。2つ目のセットに岩見は乗り、フロントサイドのビッグターンから、ホレたビッグエンドセクションをコンプリートしてガッツポーズ!これがエクセレント8.75となりトータルで16.30で優勝。これまでの試合経験を生かし、キャリア最大の勝利を手にした岩見が、WSLアジア地域ランキングで3位に浮上した。

岩見天獅「今はもう興奮しすぎて何も考えられてません。まだニード8.5の時から波に乗れば絶対スコアできると思っていました。最後の波にパドルした時はゾーンに入っていて何も覚えてないくらいです。乗った時は絶対出せると思って乗りました!今年前半は勝てなかったけど、今回3000ポイント取れたのでこらから勝って行きたい。初QS優勝することができました、いつも有り難う御座います、またこらからも応援宜しくお願い致します。」

岩見天獅と脇田紗良がインドで初開催されたWSLイベントのQS3000で歴史的優勝を飾る

岩見天獅と脇田紗良がインドで初開催されたWSLイベントのQS3000で歴史的優勝を飾る
Photo by WSL/Tim Hain

岩見天獅と脇田紗良がインドで初開催されたWSLイベントのQS3000で歴史的優勝を飾る
Photo by WSL/Tim Hain

岩見天獅と脇田紗良がインドで初開催されたWSLイベントのQS3000で歴史的優勝を飾る
Photo by WSL/Tim Hain

岩見天獅と脇田紗良がインドで初開催されたWSLイベントのQS3000で歴史的優勝を飾る
Photo by WSL/Tim Hain

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

World Surf League Qualifying(@wsl.qs)がシェアした投稿

インサイドで祈りながらスコア待ち。逆転のスコアでガッツポーズする岩見天獅
岩見天獅と脇田紗良がインドで初開催されたWSLイベントのQS3000で歴史的優勝を飾る
Photo by WSL/Tim Hain

岩見天獅と脇田紗良がインドで初開催されたWSLイベントのQS3000で歴史的優勝を飾る
Photo by WSL/Tim Hain

脇田紗良が松田詩野との激闘を制し、今季初優勝

女子ファイナルでは日本女子トップサーファーの2人、脇田紗良と松田詩野が対戦。両選手ともミッドレンジスコアを出し試合が進むが、脇田が中盤にスタイリッシュなフロントサイドサーフィンでリズムを掴み7.50をスコアし、トータルで13.50でトップに立つ。後半残り10分で松田がバックサイド・ファーストターンからクリーンヒットする連続ターンで、エクセレント8.10とこのヒートのハイエストスコアを出しニード5.40に。しかしその後バックアップ上げることができず、脇田が優勝。脇田はWSLアジア・リージョナルランキングで3位に浮上した。

脇田紗良「シノとはサーフィンを始めた頃からのライバルなので、本当にタフなファイナルになることは予想はしていました。同い年だし、彼女とファイナルを戦えて嬉しい。 ファイナルではお互い波に乗りあって、2人とも良いスコアを出しました。インドで初めて開催されるWSLは歴史的なイベントなので、ここで優勝できて最高だし、新しい経験ができて最高です。”ありがとう、インド」

岩見天獅と脇田紗良がインドで初開催されたWSLイベントのQS3000で歴史的優勝を飾る
Photo by WSL/Tim Hain

岩見天獅と脇田紗良がインドで初開催されたWSLイベントのQS3000で歴史的優勝を飾るPhoto by WSL/Tim Hain

岩見天獅と脇田紗良がインドで初開催されたWSLイベントのQS3000で歴史的優勝を飾るPhoto by WSL/Tim Hain

アジアQSランキング

アジアCS枠は、アジア・リージョナルランキングの男子上位5名、女子上位3名と、ワイルドカード各1人づつがCS出場権を獲得できる。最終的に5イベントのトータルポイントで決定される。

QS3,000 第1回『タミル・ナードゥ・インターナショナル・サーフ・オープン』試合結果

・男子
優勝:岩見天獅
2位:キアン・マーティン
3位:小濃来波、ケトゥ・アグス

・女子
優勝:脇田紗良
2位:松田詩野
3位:中塩佳那、佐藤李

https://www.worldsurfleague.com/events


"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet