ルーキーのリオ・ワイダが大勝利!CT第3戦がポルトガル スーパーチューボスで開幕

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark


リオ・ワイダ Photo Damien Poullenot/WSL

ワールドサーフリーグ(WSL)2023チャンピオンシップツアー(CT)の第3戦『MEO Rip Curl Pro Portugal Presented by Corona』が、ポルトガル ペニシェの PRAIA DE SUPERTUBOS (プライア・デ・スーパーチューボス)で本日開幕。軽いオンショア風、6フィートの波でパンチの効いたビーチブレイクの中、男女オープニングラウンドそして女子のエリミネーションラウンドまで、10時間にわたって開催された。

ルーキーのリオ・ワイダがメディーナとジョーディを抑えて勝利!

インドネシアのリオ・ワイダは、メンズオープニングラウンドの最終ヒートで、3Xワールドチャンピオンのガブリエル・メディーナ(BRA)とツアーベテランのジョーディ・スミス(RSA)というビッグマッチに直面。まだCTで存在感を示していない若くダイナミックなレギュラーフッターは、Supertubos初出場で大勝利を収めた。

特大のストレートエア映像

「彼らのサーフィンを見て育ったので、自分のサーフィンのレベルを上げなければならないと思っていたよ。緊張はしていたけど、落ち着いて自分の戦略に集中することができた。波が来るたびに、これはフリーサーフなんだ、この人たちに勝たないとベストにはなれないんだと自分に言い聞かせた。全てを出し切ったし、やり遂げたことにストークしているよ。」

メディナとスミスがまだまともな数字を探し求めている間に、ワイダは巨大なストレートエアで、今日のシングルウェーブの最高得点となる7.83を叩き出した。


リオ・ワイダ Photo Damien Poullenot/WSL

「私はストレート・エアーが得意だけど、それをできる人はあまりいないし、何か違うことをしなければならないと思っていた。成功したことに興奮しているよ。」

リオ・ワイダは、国際女性デーにちなみ、インドネシアの国技であるバドミントン、オリンピック金メダリスト、グレイシャス・ポリイ選手とアプリヤニ・ラハユ選手の名前をジャージにつけている。

「東京2020 でバドミントン女子ダブルスで初めて金メダルを獲得したとき、私はその場にいたんです。彼女達のようになりたいと思い、本当に刺激を受けました。彼女達はヒーローのような存在で、私がサーフィンで金メダリストになり、インドネシアでみんなに誇りに思ってもらうという新しい目標を持ったのも、彼女達のおかげです。」

前イベント優勝者のコラピント、好調を維持


グリフィン・コラピント Photo Damien Poullenot/WSL

現在世界ランキング6位で、昨シーズンのペニシェ大会優勝者であるグリフィン・コラピント(USA)は、オープニングラウンドでヒートトータル14.33を記録。コラピントはスーパーチューボスのランプをフルに活用し、複数のエアリアルマニューバーを披露した。

「サンクレメンテで育った私にとって、ビーチブレイクはやり易いですね。ボードも体もいい感じだし、ヒートサーフィンが大好きだから、ヒート数が増えれば増えるほど、どんどん楽しくなるんだ。」

五十嵐カノアやケリー・スレーターが敗者復活ラウンドで対戦

移り変わるSupertubosのピークでは、ビッグスコアはほとんどなく、多くのサーファーがロースコアの戦いを繰り広げた。11Xワールドチャンピオンのケリー・スレーター(USA)は、この日のオープニングヒートでリズムをつかめず、このラウンドの後半には、このイベントのワイルドカードであるフレデリコ・モライス(POR)とティアゴ・カリック(FRA)も同様だった。


五十嵐カノア Photo Thiago Diz/WSL

五十嵐カノアはヒート6でジャクソン・ベーカーとヤゴ・ドラと対戦。風の入ったオーバーヘッドの難しいコンディションでなかなか良い波を掴むことができず3位で敗者復活戦のイリミネーション・ラウンド行きに。敗者復活ラウンドではケリー・スレーターと、地元のフレデリコ・モライス(POR)と対戦。迫るミッドシーズン・カットでは男子36人が22人に、女子18人が10人に縮小されるため、現在16位であるカノアにとって重要な1戦となる。

 

世界No.1のムーアとピックルムがともに進出、トップタイをキープ


Photo by Thiago Diz/WSL

黄色のリーダージャージをめぐる争いは続き、現在ランキングトップで並ぶ5度の世界チャンピオン、カリッサ・ムーア(HAW)とモリー・ピックラム(AUS)が共にラウンドオブ32に進出。ムーアはヒート前半、地元で人気のヨランダ・ホプキンス(POR)とイザベラ・ニコルズ(AUS)と対戦。タフなヒートとなったが世界チャンピオンが、このヒートのベストウェーブ2本で彼女にしかできない逆転劇を見せた。


カリッサ・ムーア Photo Damien Poullenot/WSL

カリッサ・ムーア「最初のヒートは緊張しました。どのような場合でも、自分の感覚を取り戻すのに1ヒートかかる。難しいコンディションが続いていたので、コンテスト会場の正面であまりサーフィンをしていなかった。ただ自分ならどうにかなると信じるしかなかったんです。自信と自信喪失というのは面白いもので、波と流れがあるものです。どのイベントもクリーンな気持ちで臨んでいますし、女性たちはみんな本当にいいサーフィンをしているので、+αのゲームを持っていなければならない。」

国際女性デーにちなみ、CTアスリート全員が自分を鼓舞してくれるスポーツ界の女性を選び、ポルトガルイベント期間中、競技用ジャージにその名前をつけている。ジャクソン・ベイカー選手(AUS)は、ムーア選手を選んでおり、「ジャクソン・ベイカーが私の名前をジャージにつけてくれたことはとても名誉なこと。彼はとても紳士的で良い人」だとコメントした。

地元の英雄ボンヴァロットが、世界王者ライトをイリミネーションラウンドに送り込む

ポルトガルのスター、テレサ・ボンバロットは、オープニング・ラウンドで2Xワールド・チャンピオンのタイラー・ライト(AUS)とベティルー・サクラ・ジョンソン(HAW)に大勝。ボンヴァロットは、ソリッドな6.0を記録し、3.93でバックアップしてヒート勝利を飾った。サクラ・ジョンソンは、対戦終了間際に必要なスコアを見つけ、僅差で2位に浮上し、ライトをエリミネーションラウンドに送り込んだ。

「みんなのそばを歩くのは緊張したけど、いい緊張感だった。ここに来られてうれしいし、残りのイベントも楽しみ。2日前、フィンが頭に当たって6針縫ったの。運が良かったのか、今はとても良い状態。最高の形で母国をサポートしたいです。」

スーパーチューボスでの初戦を終え、シーズン中盤のプレッシャーが本格化

ウイメンズのエリミネーションラウンド・ヒート1では、サリー・フィッツギボンズ (AUS)とケイトリン・シマーズ(USA)が、2度のワールドチャンピオンのタイラー・ライト(AUS)を接戦の末に退け、最初の衝撃的な敗退となった。

世界ランキング7位のレイキー・ピーターソン(USA)は、パイプラインで3位に入賞したことで少し余裕ができたが、今日のような序盤での敗退はカットまであと2大会しかないことを考えると大きな損失となる。

WSL公式HP
http://www.worldsurfleague.com/



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet