第10回『THE EDDIE』7年ぶりに開催!ノースショアのライフガードが優勝を飾る

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark


Jamm Aquino/Honolulu Star-Advertiser/「The Eddie」左からカイ・レニー、アーロン・ゴールドと、声援を送るジェイク・マキ

前回の優勝者ジョンジョン・フローレンスは2位

一時開催アラートが出るも風が合わず日程変更となった『THE EDDIE』が遂に開催された(関連記事:7年ぶり開催の『THE EDDIE』風が合わず僅か1日後に開催中止を発表)。参加者は、2016年の優勝者ジョン・ジョン・フローレンス、ジョーズ4度の優勝者ビリー・ケンパー、父子デュオのメイソンとマイケル・ホーなど、今年のコンテストにはビッグウェイバー達(女性6名、男性40名)が出場した。

この第10回Eddie Aikau Invitationalを制覇したのは、ノースショア出身で市議会議員のライフガード、27歳のルーク・シェパードソン。アイカウと同様、シェパードソンもライフガードである。ルークは90点満点中89点(3本の波の合計、それぞれ30点満点)を獲得し、史上初の2連覇となるジョン・フローレンスの優勝を阻止した。

アンドレア・モラーはThe Eddieに参加した初の女性選手に

日曜日の朝。この日参加した6人の女性のうちの1人で、第1ヒートに出場したブラジルのアンドレア・モラーが、ワイメア・ベイのEddie Aikau Invitationalの海に入った時、歴史が作られた。2016年にカウアイ島のケアラ・ケネリー氏が招待されたものの、2017年のエディは実現しなかった。

アンドレア・モラー「女性として初めて波に乗ることができて、鳥肌が立ちました。私たち女性サーファーが積み重ねてきた努力を思い起こさせてくれます。私たちは、男性たちと同じようにビッグウェーブサーフィンに対する情熱を持っています。」「アイカウ・ファミリー、女性たちを招待してくれて有難う、そして全ての女の子たちへ、決してあきらめないでね。夢を追いかけて欲しい。一生懸命練習して、一生懸命ワークすれば、夢は叶う。成功は自然にやってくるし、その旅を楽しめばいい。」

素晴らしいライディングと、危険なワイプアウトが多発

今朝は29ftを記録し、ワイメアは一日中数え切れないほどのクローズアウトウェイブが炸裂していた。『Da Hui Backdoor Shoot Out』と同様、多くの素晴らしいライディングがあり、目を見張るワイプアウトにも事欠かなかった。

ルークはこれで、過去の受賞者であるデントン・ミヤムラ(1987年)、クライド・アイカウ(1986年)、キオネ・ダウニング(1990年)、ノア・ジョンソン(1999年)、ロス・クラーク=ジョーンズ(2001年)、ケリー・スレーター(2002年)、ブルース・アイアンズ(2004年)、グレッグ・ロング(2009年)、ジョン・フローレンス(2016年)と共に、エディ・アイカウ受賞の栄えある優勝者リストに仲間入りすることとなった。

【大会結果】
8位 :ケアリイ・ママラ
7位 :ランドン・マクナマラ
6位:ジーク・ラウ
5位:カイ・レニー
4位 :ビリー・ケンパー
3位:マーク・ヒーリー
2位:ジョン・フローレンス
1位:ルーク・シェパードソン

第10回『THE EDDIE』Live

https://www.theeddieaikau.com/


"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet