脇田紗良がベスト16進出『ワールドジュニア・チャンピオンシップ』2日目

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

脇田紗良 サーフィン
脇田紗良

米国カリフォルニア州サンディエゴのシーサイド・リーフで開催されている「WSL SAMBAZON World Junior Championships Hosted by Best Western」2日目。本大会はWSL 7つの地域から 20歳以下の世界最高の次世代サーファー達が出場しており、2022年ワールド・ジュニア・チャンピオン・タイトルと、2023年チャレンジャー・シリーズへの出場権を男女各1名が決定する重要な大会(関連記事:『SAMBAZON ワールドジュニアチャンピオンシップ』開幕!日本代表4名は敗者復活ラウンドへ)。

大会2日目敗者復活に回ったワイルドカード出場の脇田紗良は、初戦の3人ヒートで対戦したカリフォルニア エンシニータス出身のエラ・マカフレイと再戦。後半までお互いロースコアで進むが脇田紗良がバックハンドで4.17ptをスコアし逆転でベスト16へ進んだ。

脇田紗良「初戦は3位で負けましたが 先ほど敗者復活ラウンドは勝ち上がりましたので通常ラウンドに戻ります!映像は初戦の1本目。波が大きく,沖に出るまで10分くらいかかる場合もありますが、頑張ります!」

・脇田紗良 初戦の映像

脇田紗良 サーフィン

初戦でサンディエゴ出身の強豪アリッサ・スペンサーに敗れ敗者復活ラウンドへ回った都築虹帆は、2022年CTサーファーハワイの強豪ルアナ・シルバと対戦。序盤からバックサイドのビッグセットをつかみ、パワーのあるクローズドセクションをしっかり決め5.67ptをスコア。しかしその後すぐにルアナ・シルバにポイントを重ねられ惜しくも敗退となった。

脇田紗良 サーフィン

その他、松岡亜音、岩見天獅も敗れ、残るはワイルドカード出場の脇田紗良のみとなっている。

脇田紗良 サーフィン

脇田紗良 サーフィン

元CTサーファー、ジョシュ・カーの娘である注目のシエラ・カーは、このエクセレント9.17pt と 6.33pt のトータル15.50ptで敗者復活ラウンドを勝ち上がった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

World Surf League(@wsl)がシェアした投稿

次の女子Round of 16
脇田紗良 サーフィン

2日目ハイライト映像

WSL HP https://www.worldsurfleague.com



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet