憧れの舞台USオープンで優勝を目指す都筑有夢路がベスト8進出!CS第4戦 5日目

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark


都筑有夢路

World Surf League (WSL) Challenger Series (CS) の第4戦、Vans US Open of Surfing 大会5目は、ハリケーンスウェルによるウネリが残り、4~6フィートの中で開催。メンズのRound of 24、H5〜H8と、Round of 16が終了しQF出場者が決定。ウイメンズのRound of 16、H1-4で終了した。

脇田泰地は本大会、日本人最高位の17位でフィニッシュ

昨日、元CTサーファーのジュリアン・ウィルソンやライアン・カリナンに対し、大逆転でトップ通過した脇田泰地。次のRound of 24ではブラジルの強豪 ジョアン・チアンカ(Joao Chianca)らと対戦。まさに昨日の逆転劇を思い起こすかように、残り2分、ニード5.04ptの場面でプライオリティを使い波を掴む!波も昨日の逆転の波と似たような波であったが、クリーンで逆にイージーウェイブだった分、点数が伸びず4.17ptと惜しくもここで敗退。本大会、日本男子最高位の17位でフィニッシュした。試合はジョアン・チアンカが終了間際に7.10ptを出し大逆転でRound 16へ進出した。

脇田泰地

次の男子QFのヒート

憧れの舞台USオープンで優勝を目指す都筑有夢路がベスト8進出

女子 Round of 16 , H1は都筑有夢路と野中美波の日本人対決。残り12分、2位のポジションにいた野中美波はクリーンなセットを掴み5.50ptを出し差を縮める。しかし都筑有夢路はレギュラーのビッグマニューバーを決め 6.77ptをスコア。野中はニード5.98ptとプライオリティを持ったまま逆転を狙うが波に乗れずそのまま終了。都筑有夢路がQFへ進出した。

都筑有夢路「USオープンは昔から憧れの舞台で、優勝したいと思っていた舞台なので、この調子で頑張ります。Yah!」

▼都筑有夢路と野中美波のライディングとインタビュー映像
*外部リンク

都筑有夢路

女子Round  of 16と、次のQFのヒート

Day5 ハイライト

WSL CS #04 VANS US Open of Surfing
Men’s / Women’s



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet