サーフィンを文化として..カルチャー視点で眺めるカリフォルニア Blue.6月号 新刊特集内容

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

■ 2022 年5月10日発売 Blue. 94号 新刊案内 ■

 

Blue.94 CALIFORNIA CRUISING サーフィンを、文化として

そういえば、カリフォルニアでスケートボードに乗れないというサーファーに、あまり出会ったことがない。 やがてどちらかに傾倒することになるとしても、子どもや若者にとっては、あえて線引きする必要のない楽しい遊びだ。

ルーツだって交 わっている。サーフィンやスケートと同様 、クラシックカーやモーターサイクルも、この地で育まれてきた文化 。それぞれが交わりながら歴史ごと愛され、認められ、街並 みや人々の感 覚に、ごく自然に溶けこんでいる。

近年は若いサーファーたちが今まで以上にシェイプにトライしていて、レジェンドと呼ばれるシェイパーたちも惜しみなくその経験を伝えている。自分のボードは自分で削る、それが当たり前だった時代をよく知っているのだ。受け継がれるのは技術だけじゃなく、歴史やリスペクトもいっしょ。だからボードデザインには歴史観が自然に宿り、サーファーたちのスタイルに大きな影響を与えてきた。

せっかくだから、ちょっとカリフォルニアを流してみよう。サーフィンがカルチャーとして、どんなふうに溶けこんでいるのか。日常ですれちがう小さなひとつひとつが積み重なり、やがて文化となり、誇りになる。 ま、当の本 人たちはいたってカジュアルで、自由 気ままなんだけど。とりあえずボード積んで、窓全 開にし て、繰り出そうぜ。

4″]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Blue.(ブルー) Vol.94 2022年6月号 サーフィンを、文化として。 (雑誌)
価格:1320円(税込、送料別) (2022/5/10時点)

 



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet