ベサニー・ハミルトンがRound of 16へ進出!CT開幕戦『ビラボン・プロ・パイプライン』2日目ハイライト映像

ライター: WAVAL(ウェイバル)

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark


Bethany Hamilton_Tony Heff/WSL

2022年CT開幕戦『ビラボン・プロ・パイプライン(Billabong ProPipeline)』2日目は昨日の初日よりサイズダウンし4〜6フィートのコンディションで女子のみが開催。女子の試合が初めてフルCTイベントとしてバンザイ・パイプラインで開催された、プロサーフィンの歴史的な1日となった(大会初日:五十嵐カノアがディープバレルをメイクし9.0ptをスコア!CT開幕戦『ビラボン・プロ・パイプライン』初日ハイライト映像)。

ハワイアンルーキー、日本人ハーフのベティルー・サクラ・ジョンソン

Bettylou Sakura Johnson Photo by Brent Bielmann/WSL

ハワイアンルーキーで日本人ハーフのベティルー・サクラ・ジョンソン(Bettylou Sakura Johnson)(HAW)はバックドアにコミットしてヒートを支配、初戦を1位で通過。レイキーピーターソン(USA)は2位、3位となった世界第6位のキャロライン・マークス(USA)を敗者復活戦へ。

ベサニー・ハミルトン「最近はフルでお母さんモード」


Bethany Hamilton_Tony Heff/WSL

またCOVID-19の陽性反応による隔離により不参加となったステファニー・ギルモアの代わりにワイルドカードとしてベサニー・ハミルトン(Bethany Hamilton)が敗者復活ラウンドから急遽出場。パイプラインでの豊富な経験を生かしたベサニーが、強豪のキャロライン・マークスを抑え見事2位でRound of 16へ進出した(ブリサ・エネシー(CRI)が1位通過)。

ベサニー・ハミルトンは「最近はフルでお母さんモードです。でもサーフィン体型は維持したいと思っているので、今日この場にいれてとても嬉しいです。ビーチには活気が溢れていて愛を感じます!」とコメント。片腕でサーフィンできるだけでも凄いのに、世界トップサーファー達を破り勝ち上がるなんて本当尊敬しますね..。

また本大会多くの若手サーファー達がイベントに参加している。初戦を通過したタイラー・ライトは「今年私にとって最もエキサイティングなことは、ルーキーの選手達に会うことです。こんなにフレッシュな顔が参加するツアーは久しぶりです。彼女達が一生懸命頑張っている姿に感動します。」と女子サーフシーンが今変わりつつあることへの喜びをコメントした。

その他、女子トップサーファー、アメリカのキャロライン・マークスコートニー・コンローグが早期敗退。大会2日目のハイライト映像や結果詳細は以下よりどうぞ。

その他、詳細は以下よりどうぞ!

WCTメンズ
WCTウィメンズ



"Catch The Funwave!" - WAVAL(ウェイバル)

「いいね!」してSNSでサーフィン情報をチェック >>

Facebook

Add this entry to Hatena Bookmark

この記事を書いたライター

WAVAL(ウェイバル)

サーフィンやサーフカルチャーに興味を持つ人に向けて情報発信する、サーフィン初心者も熟練者も必見のサーフメディア。話題のサーフィン動画、上達のための記事などを人気ランキングやSNSでご紹介。各SNSのフォローを宜しくお願い致します!

・Facebook→@keeponsurf
・Instagram→@waval.surf
・Youtube→@WAVAL
・Twitter→@WAVALnet